前月   May 2019   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:


 ←ここをクリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。
 ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 前半 201905

May 27, 2019 by weblogland |


昨日、一昨日と暑い中ご来店ありがとうございました!

これは定番ですがヴィンテージ変わり!
相変わらず美味しくて安い!
〇トカイ フルミント ドライ 白 2017年 シャトー・デレスラ
ハンガリー D.H.C.トカイ スクリュー・キャップ 750ml 1,203円税込み
「はぁー、今日は暑いですね。こんな日は冷たい白ワインが欲しくなりますよね(笑)。」
「このワインにはずいぶんお世話になりましたよ(笑)。安くて美味しい(笑)。」
私「ありがとうございます。我が家でもマスト・アイテムとしていつも冷蔵庫に入っております(笑)。」
「ハンガリーのトカイって甘いデザート・ワインで有名ですよね?〇〇ブット・ニョスでしたっけ?」
私「はいはい。それでございます(笑)。これはそのフルミント種から造ったワインを辛口に仕上げたものです。」
家内「ヴィンテージが2016年から2017年に変わりましたのでお試しいただきます
!」
私「まっ、まっ、どうぞお試しください(笑)!」
「あっ!色が薄い!」
「水みたい(笑)。」
私「そーですね。いつもとは違いますよね
。」
「どれどれ、おっ!良いねぇ。突き抜ける
(笑)!鮮烈で爽快(笑)。」
「あー、生き返る(笑)。こんな日にはぴったり(笑)。」
「酸が生き生きしてる(笑)。」
「マスカットの香りがはっきり。爽快なマスカット味(笑)?」
「マスキューさん。色はとても薄いけど味わいはしっかりしてますよね。何故?濾過を過剰にしたような味わいでもないしね?」
私「そこが不思議ですよね。若いからかな
?今度インポーターさんに聞いてみますね。」
「これ、ソルベにしてデザートとして加工したら面白いかも(笑)。」
「カクテルにしてもイイかも(笑)?」
「この味ってソーヴィニヨン・ブランに似ていませんか?私大好きなんですよね(笑)
。」
私「たしかに!ソーヴィニヨン・ブラン独特の草や癖のニュアンスを取り除いた感じしますよね。ロワール中流・上流域に
有りそうですよね(笑)。
「軽めのサンセールに有りそう(笑)。」
私「突き抜けるマスカット味。あの辺りの
若いソーヴィニヨン・ブランを純化したような感じ。北海道の余市のケルナーが似てますね(笑)。」
「あー。あれね(笑)。でも高いですよ(笑)
。」
私「特にニッカ・ウイスキーが造ってるケルナーによく似てます(笑)。高級品ですけど(笑)。」
「マスキューさん。国産ワイン扱ってないから、日本のワインなんて知らないのかと思ってましたよ(笑)。」
私「モチロンよくは知りませんが(笑)、ほんのちょっとは知っています(笑)。」
「う~ん。いつもはもっと濃い感じですよね。スタイルが変わったんですか?」
私「温度を低めにして飲んでいただいていますので、その影響かもしれません。リンゴ酸が引き立っていますよね。」
ここから家内と論争です(笑)!
家内「私は中欧のワインはあまり冷やさない方が良いと思うんだよね。本来の粘りが解らなくなる。」
私「なるほど!(防戦一方)。」
家内「穀物っぱさもマスキングされちゃうし、合わせるべき食べ物も変わっちゃうよ!」
私「うんうん。(さらに形勢は悪くなる。
)。」
家内「フレッシュネスも大事だけど、それだけじゃ本来の良さとは言えないと思うんだよね。」
私「よっ!原理主義者(笑)。」


〇チャレロ 2017年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)スペイン 白 
ペネデスD.O. 750ml 1851円税込み
「チャレロだけのワインは飲んだことありませんよ(笑)。」
私・家内「我々も今回初めて飲みました(笑)。」
「マカヴー、チャレロ、パレリャーダでしたっけ?資格試験の時覚えましたよ(笑)
!」
「店長!私もですよ(笑)。でもチャレロだけのワインは初めて(笑)。」
「おっ!旨いね。マカヴーって肉厚だからチャレロも肉厚なのかと思ったけど、このチャレロは香りだよね。」
「香りがすごく良い!」
「ちょっと塩辛さもあるしふくよか(笑)。好きなタイプ(笑)。」
「香水みたいな香り(笑)。」
「最初に飲んだフルミントは真っ直ぐ突き進むけど、これは同心円状ですよね(笑)。
同じ白ワインでもこんなにスタイルが違うんですね(笑)。」
私「これは香りが漂いますよね(笑)。しかも軽やか。香りの出るところの重心が高いですよね。」
「マスキューさんがよく香りの重心が高い低いと言うけど、その意味が解りましたよ(笑)。このチャレロは香りの重心が高い(笑)。」
「しかも品がイイよね(笑)。」
「旨味があるし、しかも雑味がない。」
「これがフリー・ラン果汁の良さなんですね?」
私「左様でございます(笑)。慈味深いですよね。」
「あとマスキュー用語の折り合いもイイんですよね(笑)?」
私「はっ、読まれてますね(笑)。左様かと
(笑)。」
家内「このワインは基本的には暖かなスペイン産なのですが、冷涼さも感じます。
酸が綺麗に出ています。」
「ちなみにアルコール分はいくつですか?

私「え~と。12%です。ちなみにフルミントは11.5%です。」
「えー!逆かと思ったぁ!」
「アルコール分の高さだけみてもダメなんですね?」
家内「やはり産地により折り合いがつけやすいアルコール分があります。」
「カリフォルニアの技術者は13.5%がベストだと断言してますよね?」
私「あれは産地がカリフォルニアでテイスターがアメリカ人という前提ですから、一般論ではないと思います。」
「そんなこと考えるのはアメリカンなんだな(笑)。」
「2017年の作柄が良くなかったと言うことですか?」
私「一概には言えませんが、全体的に糖度
が上がらなかったような気がします。」
「かといってこの白ワインはとても美味しい。」
「今は天候に多少のイレギュラーがあっても挽回する技術はありますよね(笑)。」
家内「昔から比べると隔世の感です(笑)。
少なくとも昔の技術ではこのチャレロみたいなワインは出来なかったと思います
。仮に出来たとしても日本では味わえなかった(笑)。今は、すべての工程で温度管理が出来ます。」


◎1+1=3 ウ・メス・ウ・ファン・トレス
スペイン ペネデス カヴァ発泡性 ロゼ ブリュット 750ml 1944円税込み
「これが1+1=3の本丸ですね(笑)。」
「美味しい!」
「柔らかくて、深くて、優しい(笑)。」
「そんなに甘くない。イイね(笑)。」
家内「酸がありますから甘さを感じません
(笑)。ドザージュは8g/Lくらいかな。」
「ブリュットのわりに少ないですよね。」
私「塩梅が良いかと(笑)。」
「折り合いも良し(笑)!」
私「左様でございます(笑)。またまた読まれたなぁ(笑)。」
「ところでセパージュなんですが、トレパットでしたっけ?初めて飲みました(笑)
。良い葡萄ですね(笑)。」
家内「ローカル品種らしいのですが、ロゼに限って許可されていたようです。」
「ってことはこだわりのロゼ品種なんですね(笑)。」
「たしかに面白い品種ですね。香りの幅がとても広い。最初の桃みたいな感じにまずやられる(笑)。」
私「あとから赤い果実のニュアンスがしっかり出てきます。」
「はぁー、チェリー、イチゴみたいなニュアンスあるね(笑)。」
家内「翌日には杏子みたいな香りが強くなります。甲殻類食べながら飲んでみたい!」
「シャンパンだってこんなにはっきり複雑な香りは簡単には出ない!これ凄いな(笑)。」
「泡立ちもしっかり細やか!」
「そうそう。カヴァってすぐにガスが抜けるんだよね(笑)。」
家内「まあ、これもガスは抜けていきますが、そうなってもワインとして美味しい
です。」
私「赤い果実のニュアンスには熟成由来の酸からのものも感じます。かなり複雑です。」
「あー、店長曰く、甘く感じる酸ですね?

私「左様でございます(笑)。」
「ところで並んでるカヴァ、ブログの写真とは違いますよね?」
家内「そーなんです。取り寄せたサンプルと来たワインのデザインが違いました(笑)。」
お客様お連れのお子さん「1+1は2だよ!
3じゃないよ!」
私「左様でございます(笑)!」
「でも、このラベル・デザインは鉄板!子供が1+1は2じゃないの?なんで3なの?なんて言うんだから、この時点で勝ちですよ(笑)。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

May 26, 2019 by weblogland |
今日は24日(金)。夕方からマスキュー試飲会です。
でもですね(笑)、暑い!
今年初の西陽対策を敢行!
道路沿いのシャッター下ろしました(笑)。5月にシャッター下ろすのは初めてかも?
そして試飲会に使うグラスをせっせと洗っていましたが、暑い!汗が出る!
え~い!
エアコンつけよう!

null

5月に冷房入れるのも初めてかも?
まあ、取り敢えずグラス洗いも終わりましたから、今涼んで一服してます(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

明日、明後日の試飲会のワイン並びました!

May 23, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
明日、明後日の試飲会のワイン並びました!

null

今回は真ん中にロゼが2本。なかなか色合いがよろしいかな(笑)。それにしても1+1=3のロゼ・ブリュットは目立ちますね。
女子は見ただけで『可愛い!』ってなりますよね(笑)。これも味の内ですから、ラベル・デザインは大事ですね。そうすると、同じロゼのゼルボーネのワインは割を喰うかな(笑)。でもですね、泡の後の順番ですからね、これは皆さんの想像にお任せします(笑)。
あー、明日が楽しみ!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会のラインナップ決まりました! 201905

May 22, 2019 by weblogland |
今月5月24、25日のマスキュー試飲会のラインナップ決まりました!
ほんとは先週に決まっていましたが、ワインが届いてない(笑)。よっていつもながらのバタバタ。馬脚大発揮(笑)?

null

これは定番ですがヴィンテージ変わり!
相変わらず美味しくて安い!
〇トカイ フルミント ドライ 白 2017年 シャトー・デレスラ
ハンガリー D.H.C.トカイ スクリュー・キャップ 750ml 1,203円税込み

ハンガリートカイの中心部トカイ・ヘジアリャで造られる辛口の白ワイン。造り手は15世紀初頭まで記録に遡れるシャトー・デレスラ。もっとも2005年にシャンパーニュのドラン家(ハイパー・エドシックで有名)による資本投資により復活しました。ハンガリーが共産圏からEUに国家の舵を変えたためです。

このワインはフルミント85%、シャルガ・ムシュコタイ15%。低温で管理できるステンレス・タンクで醸造・熟成されます。マロラクティック醗酵はしていないようですね。

もともと大陸性の冷涼な土地柄、切れのあるシャープなワインだと想像していましたが、こんなに切れがあるとは(笑)。切れと言うより強さ 強靭さなのです。しかもバランスが良い。

柑橘系の香りが勢い良く放出され、しかも的が定まっている(笑)。フルミントの辛口は初めて飲みましたが、永遠の命をもつエッセンシアを支える品種であることを実感しました。

香り自体に複雑さはさほど感じませんが、この価格帯のワインとしては出色の出来映えです。

あと、面白いのはオーストリアのグリューナー・フェルトリーナーのような粘りがあることです。中欧のワインに共通する特長ですかね?カベルネやピノ・ノアールに代表されるヨーロッパ系や地中海系とは違ったスタイルのように思います。真偽は解りませんが、日本人の嗜好に合ったワインであるのは確かかと(笑)。

マスキューのブーム、1+1=3の二連発!
〇チャレロ 2017年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)スペイン 白 ペネデスD.O. 750ml 1851円税込み

マスキュー定番のスペインの発泡性ワイン カヴァ 1+1=3のラベルと言えば皆さんご存知(笑)。比較的軽いカヴァの多い中、しっかりとした濃度感のある良品として愛されています。
カヴァと言えば日本ではかなり馴染みのスペインの発泡性ワインですが、その大半は大メーカーによります。(日本でも黒いラベルのフレシネやコドルニュが有名ですね。)ただコストがかかるため小規模生産者が育ちにくい産業でもあります。

いきおい小規模生産者は大手カヴァメーカーに生産したワインやブドウを売るしかない状況です。

そんな中、カヴァの聖地ともいわれる生産地域ガルディオーラ・フォン‐ルビで、カヴァ最高品質のブドウを栽培することで有名なピニョル家は、現地ワイナリーの間で「幻のブドウ」といわれ高値で取り引きされていました。
彼のところは30ヘクタールの畑を所有する家族経営の生産者です。
ピニョルさんのブドウ栽培は除草剤や殺虫剤は一切使用しませんから、畑仕事にとてつもない労力が注がれます。休みなく一日4時間睡眠で働くそうです。
そして醸造にはフリーランの果汁しか使用しません。いわゆるプレス果汁を使わない徹底ぶり、濃さとクリアな味わいの原点なのです。
そんなピニョルさんとペネデスのトップワイナリー「カン・ラフォルス・デルス・カウス」のエステーベ家とのベンチャーがこの1+1=3なのです。

当初はカヴァのみのブランドだったようですが、1+1=3の成功とともに赤ワイン白ワインも登場(笑)。
これはチャレロ96%、シェナン・ブラン6%のセパージュ。カヴァではマカヴー、チャレロ、パレリャーダの組み合わせが基本ですからチャレロだけの白ワインはかなりレア。調べてみるとカタローニャの冷涼なテロワールで良い結果が出ているとか。どうやらまさにそれですね(笑)

チャレロはなんと樹齢50年以上!ピニョール家の核心(笑)。
造りもチャレロ本来の良さを出すため樽を一切使わず、酸化させないよう周到に
行います。この点カヴァ同様。
味わいはふくよかさな旨味が前面に。飲んだ瞬間旨い(笑)!正銘さを実感させます。香りは豊かで奥深く、華やか。チャレロ本来の良さを教えてくれます。薔薇や桃、マンゴー、グレープフルーツ、青リンゴなどの白から黄色の花や果肉が中から立ち上がる様は言葉を失なうほど。ゲヴュルツトラミネールのようなケバい出方(ごめんなさいゲヴュルツトラミネール)ではなく、ワイン自体の旨味に香りが溶け込んでいる感じです(笑)。
う~ん。
こういうことなんだ!
6%だけ入ったシェナン・ブランは余韻のためのアクセント。芸が細かいし、造り手のレベルの高さに唸らされます(笑)。『幻の葡萄』を飲むことが出来た訳です
(笑)。ワインのことが少し解った気がします(笑)。



◎1+1=3 ウ・メス・ウ・ファン・トレス
スペイン ペネデス カヴァ発泡性 ロゼ ブリュット 750ml 1944円税込み

これはロゼ・ブリュット。
トレパット52%、ガルナッチャ32%、ピノノワール16%。平均樹齢約25年。セニエ法によるロゼ。ドザージュは8.5g/l。トレパットは、フィロキセラ禍以降消滅し始めたカタルーニャ地方の在来品種で、鮮やかな色と果実味、上品さを兼ね備えていることから、近年復興が進みつつある注目の品種です。ロゼの使用のみ許可品種のようです。
味わいはふっくらして優しく、広がり余韻の長さと、全体のバランスがとてもよろしい。1+1=3らしいフリーランのみを使ったかのような厚みはエクセレント。
ふっくらしたボディーの中からゆっくり赤い果実味が徐々に現れる様は正銘さを感じます。チェリー、ラズベリー、プラムの果実が混ざり合いながらも明瞭さを
増してきます。抜栓ご2~3日経っても果実味がぼやけません。(もちろんガスは抜けてきますが)暑い産地のカヴァのロゼにあっては出色の出来映えでございます
。改めて1+1=3の実力、優位性、個性を
認識させます。


そして、愛するピエモンテのロゼ!
◎キアレット 2018年 ロ・ゼルボーネ 
イタリア ピエモンテ ロゼ ヴィーノ・ロサート 750ml  1650円税込
待ちに待ったキアレットの再入荷です!
以前は2013年。今回は2018年。出来立てですね(笑)。2018年は生産量に余裕があったため、わざわざ日本向けに作ってくださったとか。嬉しい限りでございます
(笑)。
瓶詰めして船に乗って日本に着いたばかりですから、予想通りワインはまだまだ
飲み頃ではありません(笑)。飲んだ印象はボトル・ショックと酵母臭がカオス(笑)
。抜栓後しばらくするとビオ・ワイン特有なクレーム・ド・ブリュレの香りに収斂されて行きます。その下には赤く甘いジャムのような香り、プラム・ラズベリー・チェリー・グレナデンの果実が見え隠れ。時間の経過と共にそれらが徐々に出てきてバランスが整うはず。今年の夏を過ぎるとワインとしてはだいぶ出来上がるのかしら(笑)?
『すぐ美味しい。凄く美味しい。』のは虫が良すぎるのかな(笑)。まあ、360本しか日本に来ていませんから、待っていることは出来ません(笑)。次がありそうにないですから(笑)。
ワインが瓶詰めされてから出来上がっていく過程を経験するのも一興。もちろん私の経験、予想が正しければ私は幸福になれます(笑)。なぜなら、私がもっとも優れているロゼ・ワインと、勝手に高く評価しているからでございます(笑)。大好物なのです(笑)。
まあ、昨日の晩御飯のおかずを忘れる人間に先のことを予想されるのは心外かな(笑)。

ついでながら、これもSO2無添加。

さらについでながら(笑)、
大日本ロゼ・ワイン普及協会会長(家内)「カオスも含めて美味しく飲めるんだから凄い!」
さすが!カオスも楽しむとは!

大定番のスペインワイン。
ヴィンテージが変わりました!
●ティエラ・セレナ テンプラリーニョ レゼルバ 2012年
スペイン 赤 アルティーガ・フステル カンポ・デ・ボルハD.O. 750ml 1249円税込み

ナバラ リオハから地中海に注ぐエブロ川沿いのD.O.カンポ・デ・ボルハの赤ワインです。何年か前にマスキューでは扱ってますからご記憶かと(笑)。10年近く寝かされてからリリースされる超優良ワイン。

このワインはテンプラリーニョ85%、ガルナッチャ10%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%。テンプラリーニョ100%にしないところに良さあり(笑)。逆にリオハの典型的な熟成したミディアム・タイプのテンプラリーニョのニュアンス。

まずはピュアで深みのあるプラムの香りがし、時間の経過とともにバラやベリーなどのニュアンスが加わり、その熟成によって調和した味わいには浸れます(笑)。素直で優しいに美味しさは心を癒してくれます。しかもこの価格(笑)!

リリースしているのがアルティーガ・フステル。これほどまでの熟成したワインを惜しげなくリリースしてくれますから、老舗中の老舗かと思ったら大間違い(笑)。ニューヨークの高級レストラン「オレオール」でチーフ・ソムリエを努めたスペイン人、マルティー・ケール氏が、「飲む人のニーズに合ったリーズナブルで高品質なワイン造り」を目指して2002年に設立したワイナリー。きっとその人脈を生かしてワインを調達しているのですね。マスキュー定番のエルミータ・デ・サン・ロレンツォも彼等のブランドです。


なっ、なんと、今回のトリはチリ・ワイン!
●ペンコポタリーノ 2016年 ペトロ・パッラ・イ・ファミリア 赤 750ml 2545円税込み

チリのテロワーリストとして名を馳せた
ペトロ・パッラ氏。大量に生産されるチリ・ワインとは違う個性あるワインを作ることで世界的に評価されています。灌漑施設を利用したいわゆる大量生産された赤ワイン、カシスの香りと樽の香りしかしない肉付きの良いスタイルを打破したことで大ブレーク。
古い畑や、もともとワイン生産に向いているテロワールを見つけ、その地にあったワインを作っています。
基本的にはドメーヌではなく、ワイン・プロデューサーとでも呼べばよい、仲間と組んだベンチャー的なスタイル(笑)。日本では『クロ・デ・フ』ブランドが有名ですね。彼らが有名になったのは『アリストス』ブランドでしたっけ。
そんなペトロ・パッラ氏が自身のドメーヌとして立ち上げたのがこの『ペトロ・パッラ・イ・ファミリア』でございます
(笑)。
生まれ故郷のチリ南部コンセプションの近隣には、古くからワイン生産が行われていたこともあり、古い畑や無灌漑で栽培を行える傾斜地の畑が残っています。それに手を加えドメーヌとして再生した訳です。ですから収穫される葡萄は無農薬、無灌漑で栽培されたプリミィティブ
なもの。
この『ペンコポタリーノ』はイタタ・ヴァレーD.O.とカウケネスの2ヘクタールほどの畑のもの。平均樹齢59年のサンソー65%、平均樹齢50年のカリニャン27%、平均樹齢190年のパイス8%のセパージュ。考えてみるとスペイン、ヨーロッパとの歴史は古いですから16世紀から葡萄栽培は行われていたはず。そしてそれらの畑は無灌漑で栽培されたものであるはず。夏場雨が降らなくとも葡萄栽培が出来得た適地。もともと保水力のある畑を漁った訳ですね(笑)。お金がかかる土壌調査をする必要もないし、一石二鳥。
まあ、栽培の効率は良くないでしょうから、少量高品質なワイン生産を目指す
要件はあります。
飲んでみると実際このワイン、美味しい(笑)!複雑な果実味には心打たれました(笑)。旨味、深みがあり、自然な味わいはヨーロッパの銘醸地のレベル。かといってオリジナルですから似たものが見当たらない(笑)。ポンティカ化したオキシデンタルとでも言いましょうか?圧倒的でありながらエレガントな佇まいは壮麗でもあります。単純なチリ・ワインと比べるのは失礼かな(笑)。
造りのテクニックとして、熟成にバリックは使いません。半分は大樽(1400、2500、5000リットル)、残りの半分はステンレス・タンクで1年間熟成します。余計な樽香を付けない意図。このセンスはさすが!収量は平均すると1本の葡萄樹からフル・ボトル1本ほどの果汁を得ているようです。その上でセレクションをしてるはずですから、実際に出来る量はかなり少ないはず。チリにおいてはかなり少ない。品質を優先させています。
チリ・ワインを飲んで感動したのは初めてかも(笑)?
いや、待て待て、これが本来のチリ・ワインのはず(笑)!

以上6本
24日(金)は17~20時30分
25日(土)は11~20時30分
いつも通りのスケジュールです。
皆様のご来店お待ち申し上げます!

桝久商店 岡本利秋・昭子

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

さあ、陳列です!

May 22, 2019 by weblogland |
今日の鶴見は大雨です。
今4時を回っておさまったようです。
こんな大雨の日ですが、週末のマスキュー試飲会用のワインが到着(笑)。配送の方には大変申し訳なく思っていますが、届いてホッとしたところ。
さあ、これから片付け陳列です!

null

沢山あるから腰を痛めないように注意!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

1+1=3 の価格が下がりました!

May 18, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
マスキュー定番のカヴァ 1+1=3 

null

厚み旨味のあるスタイルのカヴァとして切らすことなく何年も続いています。もちろんジャケット買いも誘うラベル・デザイン(笑)。特に、結婚したばかりの友人宅への手土産として重宝されています。

そんな1+1=3 の価格が下がりました!

今では2,000円ちょっとで販売していましたが、1851円税込みとなりました!

お手軽感は増しますね(笑)。

まあ、市場を見ると極端に安いカヴァもありますが、美味しいカヴァでなくては飲む意味がない!そこまで言うと言い過ぎかな(笑)。でもまあ、TPOにあった使い方が出来てこそ。こう言えば間違いないかな(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

『我が道にカーブ無し』を地でいくゼルボーネらしい

May 15, 2019 by weblogland |
昨日お伝えしたロ・ゼルボーネのワイン。格はテーブル・ワイン。表ラベルにヴィンテージの記載無し(笑)。この辺いかにもゼルボーネらしい(笑)。でも、我々はそうはいきません(笑)。一応ヴィンテージくらいは確認しませんと(笑)。

null

特に白の『レ・ギャーレ』。バック・ラベルの下に小さく2016と書いてあるものが線を引いて消されています。そして右端に手書きで2017とあります(笑)。「ヴィンテージなんか気にしないけど、とりあえず直しとかなきゃ!」感ありあり(笑)。

う~ん。

『我が道にカーブ無し』を地でいくゼルボーネらしい(笑)。唯一無二でも、とりあえずやっといたよ!てな感じですね(笑)。
まあ、白は2018年だとちょっと早いと思いましたから、逆にほっとしました(笑)。さて、明日あたり飲んでみよ。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキューのベスト・ロゼ 再入荷

May 15, 2019 by weblogland |
皆さん!
お待たせいたしました!再入荷いたしました!
何が?って
イタリア ピエモンテのロ・ゼルボーネのロゼ(キアレット)と白『レ・ギャーレ』が再入荷いたしました!
共に2018年ヴィンテージ。去年収穫した葡萄で造った 言わば出来立てです!

null

きっとまだ泡が若干残る感じかな?
ロゼのキアレットは私の最も愛するロゼ・ワイン。白はいわゆるオレンジ・ワイン。癖はあるけどとても美味しい(笑)。
大日本ロゼ・ワイン普及協会では…。

会長(家内)「よーやく来たね(笑)。長かったぁ(笑)。マスキューのベスト・ロゼだから、有ると無いとじゃ大違い(笑)。」
理事長(私)「ホント、ホント。満足出来る最良のキアレットだもんね(笑)。一時はご当主が体調を壊しもう生産出来ないなんてなったし、はたまた今度はアメリカで人気が出始めたり。ハラハラしちゃったよね(笑)。」
家内「それにしても、ゼルボーネって良心的だよね。値段が同じだもんね。」
私「キアレットは2013年から2018年に変わったけど、価格変わらず。信じられないよね(笑)。」
家内「そうそう。もっと高くても充分売れる品質だしね。」
私「こんな生産者ざらにいません!」

めでたし、めでたしでございます(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキューのカウンターの上

May 14, 2019 by weblogland |
今、マスキューのカウンターの上はこんな感じ(笑)。
右側が『カ・デル・マグロ』2016年 モンテ・デル・フラ イタリア ヴェネト 白 クストーザ・スペリオーレD.O.C. 750ml 販売価格(税込): 2,314 円

左端がヴァルカンツィア 2017年 グルフィー イタリア 白 シチリアD.O.C. 750ml  販売価格(税込): 2,592 円

null

どちらも美味しい(笑)。
まあ、お値段はちょっと高めですが、お値段以上の味わい(笑)。爽やかで飲みやすいテーブル・ワインもよろしいのですが、たまには『う~ん!』と唸りたい貴兄。是非お飲みください(笑)!
たまの贅沢、楽しまなきゃ!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

『世界は欲しいもので溢れてる。』観ましたか?

May 12, 2019 by weblogland |
先日、Eテレで夜10時30分から放映された『世界は欲しいもので溢れてる。』観ましたか?
イタリア ピエモンテのワイン特集。もちろん観ました(笑)。エノテカのバイヤーさん出てましたね(笑)。バローロのカヴァロットも取り上げられてましたね。昔マスキューも扱ったこともあり我が家は狂喜乱舞(笑)。
家内・私「おー!カヴァロット!綺麗なセラー。大樽だぁー!」
これからエノテカさんが扱うようで、どうやらコマーシャルも兼ねたのかな(笑)?
意欲的な良い生産者ですから、大事に育つと良いですね(笑)。
あー、でも興奮した(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

あー、良かった。

May 10, 2019 by weblogland |
あー、良かった。
『エグジット』2016年 レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼ 再入荷しました!

null

先月の試飲会で好評いただき、連休前に完売してしまった赤ワイン。
こんなに安いビオは初めて!
しかも味わいもちゃんとしてる。
等々(笑)。
これで 4月の試飲会セット も販売再開。めでたし、めでたし、なのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

連休も半ば、皆さんいかがお過ごしですか?

May 03, 2019 by weblogland |
私はマスキューのワインセラーのメンテナンスで楽しんでおります(笑)。
去年セラー内部の壁を張り替えました。でもですね、夏場に結露と思われる水滴が垂れてしまいました!今はまださほど暑くありませんから結露していませんが、これから夏場にかけて結露は必至。そこで結露の原因を調査(笑)。屋根裏を覗いたり、なんだかんだ調べた結果。石膏ボードとキッチン・パネルの間に隙間があることを発見!そこが結露し水滴が垂れてきたのかも?そういえばキッチン・パネルを貼るとき両面テープで貼っていたことを思い出しました。
う~ん。
文句言ってもしょうがない!

null

張り替えるといっても現実的じゃない。
そうだ!上手く接着していない部分に接着剤を充填すれば良い!
浮いて下がっているキッチン・パネルに穴開けてそこから接着剤を充填して、下から押さえればイイ!きっちり接着出来なくとも、結露面積は減るはず!
そんな訳でマスキューのセラーの内部はこんな風。
暇だからちょうどイイかな(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

やはり恐れていたことがぁ。

May 02, 2019 by weblogland |
やはり恐れていたことがぁ。

試飲会でアバンギャルドな味わいが大好評だった
『エグジット』2016年 レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼ 
在庫無くなりました!
ちょっと抜かりました。

いつもなら、試飲会の後に追加発注して足りなくならない手配が出来ますが、今月は無理。4月の試飲会セットも一時販売休止です。
休み明けに発注をかけますから、しばしお待ちください!

null

あーあ、参ったなぁ。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

May 01, 2019 by weblogland |
皆さん、ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?
マスキューは最後の月曜日だけ(笑)。もちろん日曜日は休みますが(笑)。もともと休む癖がないので休まないことに抵抗はありません(笑)。でもですね、物流が止まってるには困りました。休み前に余分に在庫しなくてはなりませんし、休みに入ったら入ったで在庫は減るだけで補充は出来ない。
う~ん。
それにしても政治の力って凄いですよね。銀行まで止めちゃうんですからね。大丈夫なのかしら? 
休み明けが怖い(笑)。
休みといってもその間人々はご飯を食べ
、遊びもするでしょうが、全員休みだとそれすら成り立たない(笑)。休みの間に消費が増えるからサービス業は文句も言えませんか?でも末端のそんな方たちはきっと『冗談じゃない!』って思ってるはず(笑)。せめて割りを食った分還元してあげなきゃ。ゴールデンウィーク料金で相殺するのかな?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

さあ、巷はゴールデンウィーク。

Apr 29, 2019 by weblogland |
さあ、巷はゴールデンウィーク。

null

でもですね、マスキューはあまり関係ない(笑)。最後の月曜日だけお休み(笑)。
マスキュー以外にもこんな方沢山いるはず。そんなお友達のためのビック・セールを企画しました!
マスキュー通常価格が1836円税込みのプロ・セッコ 『トレヴィソ』 エキストラ・ドライ レ・コンテッセ。
大人のラムネ(笑)として愛される定番のイタリアの泡を1680円税込みにてこのゴールデンウィーク期間中のみ販売いたします!
明後日から『令和』。『平成』に惜別の想いを馳せながら飲むもよし!毒づきながら飲むもよし!楽しみ方は人それぞれ。
我々のように働くしかない貴方のための大セール(笑)。ただし、お一人様3本まで
予定本数に達しましたら打ち切りとなります。ちょっとセコイ大セールなのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 後半

Apr 29, 2019 by weblogland |
間違いないトップ・ランナーです。
SO2の残存量は10mg以下!
そしてこの価格!
とうとう来ましたね(笑)。
●『エグジット』2016年 レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼ 南西フランス 赤 ビュゼA.C. 750ml 1481円税込み
「マスキューさん、ビュゼって何処(笑)?」
私「フランスのシュ・ド・ウェスト いわゆる南西地域です。ベルジュラックに近いかな。」
「ビュゼなんか飲んだことない(笑)。」
私「私もいままで飲んだ記憶がありません。」
家内「たしか1973年頃にA.O.C.に昇格していますが、パッとしなかった(笑)。」
「地図を見ると新しいA.O.C.があるはあるは(笑)。今ワインの資格試験受ける方は大変なんでしょうね(笑)。」
家内「A.O.V.D.Q.S.が全部A.O.C.になったのかな(笑)?」
私「まっまっ、お試しを(笑)。」
「ビオ臭がするけど嫌な感じじゃない。」
私「甘い腐葉土のニュアンスですね。」
家内「湿った森 羊歯 苔 なんかのニュアンスも。」
「ふっくらしてて違和感が無いよね(笑)。

「う~ん。綺麗だし、広がりもジワジワ(笑)。セパージュは何ですか?」
私「えーと。メルロが60%、カベルネ・フランが25%、カベルネ・ソーヴィニヨンが15%です。」
「へえー、メルロが6割入っているのですか?」
「暖かな産地のメルロとは違いますね。」
私「小粒の梅のニュアンスですよね。」
「小粒の梅干し 紫蘇を刻んで入れたヤツ(笑)。昔お祖母ちゃんが作った梅干しを思い出しちゃいましたよ(笑)。」
家内「南西地域のカベルネ・フランやマルベックに出る特徴的な香りです。あと時間が経つと海藻や塩辛さを感じます。」
「いきなり香り全開のスタイルじゃないけど(笑)、癒されるし、優しい。」
家内「南西地域の固くて時間のかかる伝統的なスタイルじゃありません。」
「あー、カオールなんか手強いもんね。20年くらい待たなきゃいけない(笑)。」
私「最近はだいぶ早く飲めるスタイルに変わって来てますが(笑)、それでもタンニンは荒いですよね。このビュゼのタンニンはこの意味では異例。ニューワールドっぽい(笑)。でも果実の特徴は南西地域(笑)。」
「マスキューさん!ボトルの首にNO・ADDED・SULFITESって書いてありますけど、いわゆるSO2無添加なんですか?」
私「そーです!ワインから検出されたSO2
が10mg/L以下です。信じられません!」
「マスキューさん。でも安い値段で酸化防止剤無添加のワインがありますよ(笑)?」
私「加熱処理したり、過度の濾過をすることで無添加ワインの製造は可能ですが、味わいがワインでなくなってしまいます。」
家内「加熱処理すると果実味がぼやけて特徴が無くなるし…、ワインが死んでしまいます。」
私「生産者のレ・ヴィニュロン・ド・ビュゼがどうやって無添加を達成したか?目下の私の研究課題でございます(笑)。」
「まず衛生管理が徹底しないとダメですよね?」
私「はい。左様でございます。」
「レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼって協同組合ですよね?」
私「左様でございます。」
「組合員が自分で作った葡萄を持ち寄る。
しかもそれでいて衛生管理を完璧に出来るのはかなり凄い!」
私「左様でございます(笑)。」
家内「協同組合自体の意志が寄せ集めではないのでしょうね。生き残りをかけているはずです。」
「ラベルデザインや認証を3つも取得してること、売る気満々だよね(笑)。」
「しかもこの値段は驚異的(笑)。」
「とうとうこんなの出てきた!って感じですね(笑)。」
私「ちょっとアバンギャルドだし、新しい技術が見え隠れもしますが、もともとの葡萄の良さを感じますから…。保守的なベテラン・ワイン・ラヴァーの中には『解らない』と言う方はいるはずですが。好奇心旺盛なマスキューの常連のお客様に支持されてほっとしております。ありがとうございました!(笑)」


身から鱗のドルチェット!
●ディアーノ・ダルバ 『ソル・リキン』 2015年 カーサ・ヴェッキア イタリア ピエモンテ 赤 ディアーノ・ダルバD.O.C.G. 750ml 3332円税込み
「マスキューさん。ドルチェット好きなんですね(笑)。私も好きですが(笑)。」
「これってD.O.C.G.なんですね。シール貼ってますもんね(笑)。これだけで偉そう(笑)。」
家内「2010年にD.O.C.G.に昇格しています。」
「ここ数年で倍増しましたから、これまた資格試験は大変(笑)。」
「さて、味わいもD.O.C.G.かな(笑)?」
「う~ん。これホントにドルチェットなんですか?ドルチェットとは思えない!」
「飲み頃になったバローロみたい。」
「バローロみたいに重厚じゃないけど、旨いね。深みがある!」
「貴婦人!」
「ドルチェットって割りと単調なんだけど、これは違う。大きな違いを感じます。こんなドルチェットあるんですね(笑)。」
「でもさ、こんなに品のあるバローロは無いよね(笑)。しかもこの値段じゃ(笑)。」
家内「ドルチェットですからここの家のバルベラやネッビオーロに比べると出来上がりは早いですね。」
「これヴィンテージは何時ですか?」
私「2015年です。今飲むには良いところですね(笑)。」
「色も味も綺麗(笑)。」
家内「実はこのワイン、バローロを造れる畑で作っています(笑)。」
「えー!そーなんですかぁ!」
家内「このディアーノ・ダルバはバローロのクリュでもあります。宮嶋さんのイタリア・ワインの本の地図を見るとバローロに隣接したように見えるのですが、本来バローロのクリュです。ドルチェットはバローロに隣接畑の下側に植えられるのが通例なのでそのパターンなのかなと思っていましたがそうじゃない(笑)。」
私「フォンタナフレッダの丘の尾根を登った所にある標高の高い畑。丸っきりの石灰質でいわゆるバローロのネッビオーロを植える畑の土壌とは違います。これを調べて確認するのに、も~大変でした(笑)。」
「バローロの区画にドルチェット植えるとは…。絶句ですね。」
「ネッビオーロ植えてバローロってした方が高く売れるしね(笑)。」
「イタリア人は変わり者も多いから(笑)、一人D.O.C.G.なんじゃない(笑)。」
「生産者は数えるほどいないかも(笑)。」
私「そうかも知れませんね(笑)。」
「ネッビオーロからすると、癪な存在だな(笑)。畑でネッビオーロに苛められてるんじゃない(大爆笑)。」
私「マスキューはこの生産者カーサ・ヴェッキアのファンでして(笑)。ここのバローロとこのドルチェットの関係が、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとヴイーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノの関係のように思えてなりません(笑)。もっともバローロは違うクリュで生産していますが(笑)。」


家内共々心に突き刺さりました(笑)。
●デフォラ 2007年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)スペイン 赤 
ペネデスD.O. 750ml 2406円税込み
「おっ、おっ~。旨い!」
「圧倒的(笑)。ニッコリしちゃうね(笑)。」
「すべてが巨大。でも、とても透明感がありますよね。何故?」
私「熟成したからとしか言い様がありません(笑)。」
「たしかに熟成しているけど、まだまだ行くね(笑)。2007年だから12年でこれか。
ポテンシャルがかなり高い(笑)。」
「チョコレート食べながらこのワイン飲むと言葉を失う(笑)。実に美味しい(笑)。」
「まるで太陽みたいな生命力を感じる。熟成することで光輝くのかな(笑)。」
「マスキューさん!このワインのコルク新しいですよね?」
私「出荷前にコルクを打ち直していますね。新品ですね(笑)。」
「それってどう言うことですか?」
「コルク自体は10年くらいの寿命です。このため品質管理を兼ねて打ち直し。あとさらに10年くらいは持つためだと思います。」
私「先日開けたほぼ30年経ったワインのコルクより長いコルクですね(笑)。」
家内「弾力を失い、そろそろ限界でしたっけ。」
「タンクに入れて出荷前にコルクを打っただけではないのですか?」
私「その場合は瓶内に澱が残りません。これはしっかり澱があります。それも瓶詰め前に樽で13ヶ月熟成していますから、細かい部分は落ちていますが。」
「そんなに生命力があると言うことは、全房発酵したクラシックなワイン?」
私「そう思っていましたが、インポーターさんに聞くと、除梗していました。不思議に思いよくよく調べると、ジュースの段階で18%ほどセニエをしていました。濃くなる訳です。」
「マスキューさん!セニエって?」
私「醪の水分だけを抜く方法です。直訳すると『血抜き法』。そうすることでより濃厚なワインになります。」
「グジュ、グジュの醪から2割も液体を抜き取って大丈夫なんですか(笑)?」
私「出来上がるワインが2割減ります。基本的には不作で薄い果汁しか得られない時にやる方法です。」
「抜いた果汁はロゼとして利用?」
私「左様でございます(笑)。」
家内・私「20年近く前にマスキューで流行ったプリオラートのスカラ・デイを思いだし、涙が出そうになりました(笑)」
「なるほど!あれね(笑)。たしか70年代半ばのものでしたよね(笑)。沢山飲んだなぁ(笑)。グラン・レゼルヴァでしたよね。」
家内「もうあんなプリオラートありません。スカラ・デイも売却されて、高くてつまらないものになっちゃいました。残念!」
私「ガルナッチャこそ長期に熟成して飲むべきワインなのです!あー、すっきりしたぁ(笑)。」
「このスタイルのワインはもう無いのか。
あったとしても高いんだ。」
私「これでも早く飲めるように工夫されていますが、かなりクラシックなワインだと思います。」


昨日、一昨日とご来店ありがとうございました!良きゴールデンウィークをお過ごしください。

桝久商店 岡本利秋・昭子

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 前半

Apr 28, 2019 by weblogland |
昨日、一昨日とご来店ありがとうございました!

まずは久しぶりのクストーザの白と赤。お値段がとてもリーズナブルになりましたので、再登板です(笑)。
〇『カタラット』2017年 クズマーノ イタリア 白 シチリアD.O.C. 750ml 1110円税込み ヴィノ・ロック
「おっ!クズマーノ!マスキューさん扱いありましたよね?」
家内「はい。通常アイテムは『アンジンベ』ですね。」
「インソリアと何かのブレンドでしたよね?」
家内「インソリア70%とシャルドネ30%ですね。」
「これはカタラット100%?」
私「はい(笑)!左様でございます(笑)!」
「カタラット100%って珍しいですよね。」
家内「そーなんですよね。カタラット独特のくどさが出たり、かといって薄くしても面白くない(笑)。」
私「まっまっ、お試しを(笑)!」
「これ、凄い!特徴的ですね(笑)。」
「色も濃いけど味も濃い(笑)。ヴィンテージは何時ですか?」
私「2017年です。ヴィンテージの割には色が濃いですよね。」
「オレンジっぽい柑橘類がどっさり入ってる(笑)。」
「色同様に中身も濃い(笑)。」
私「柑橘類もオレンジやミカンの少し高いヤツですよね(笑)。」
「イヨカン、ポンカン、不知火なんかかな(笑)?」
「ザボンの皮みたいな苦味もイイね(笑)。」
「レモンのニュアンスもあるけど、それよりもっと熟して甘い柑橘類だよね。」
私「時間が経つとペパーミントみたいなスパイシーさも出てきます。」
「この白ワイン、真夏よりこれから初夏に味わうべきワインだね。」
「真夏には重すぎる(笑)。」
「う~ん。それにしてもコスト・パフォーマンスが高いね(笑)。」
私「ありがとうございます!」
「爽やかさより、強い果実味が特徴だよね。」
家内「品種の特徴がよく出ています(笑)。」
「あれ?このワインはD.O.C.なんですね。
カタラットでD.O.C.あるんだ?」
家内「最近、品種のバラエタル しかも地場品種のバラエタルがイタリアのトレンドのようです(笑)。」
「う~ん。この『カタラット』飲むと解る気がする。」
私「出来映えとコスト・パフォーマンス良く、舵を切ったんでしょうね(笑)。さすがクズマーノ(笑)。」
家内「NHKのテレビで『世界は欲しいもので溢れてる。』という番組があります。好きで欠かさず観てるんですが(笑)。今、歌手のJUJUがイタリアのパスタ食べ歩き。シチリアではたっぷりのオリーブオイルとたっぷりのリコッタチーズをかけたパスタを食べてました。あんなにベビーな味わいにはしっかりした白ワインを合わせるしかない(笑)!まさにこの『カタラット』こそ合わせるべきだと実感しました(笑)。」
「そーですよね(笑)。真夏に日陰で涼をとるようなスタイルではないですよね(笑)。」
「爽快さを求めるスタイルではないよね(笑)。」
「これ、ゼリーにしてデザートにしたら面白そうですよね(笑)。」
家内・私「なるほど!目の付け所が凄い!(笑)。」
「これでフルーツポンチ作ってもイイなぁ(笑)。」
「サングリア作ったら凄く美味しいの出来そう(笑)!」
「もともとが濃いからアレンジしやすいですよね(笑)。」


ここのところマスキューのマイ・ブーム
マルケのサン・ジョヴァンニのワイン。
この白ワイン、ずーっと試飲会に出したかったのですが、品切で断念。ようやく再入荷しました(笑)。万を持しての登場です(笑)。

〇マルタ パッセリーナ 2017年 サン・ジョヴァンニ イタリア マルケ 白   
マルケ I.G.T. 750ml 1712円税込み
「パッセリーナなんて聞いたことない品種ですよ(笑)。」
「おっ!これも凄い(笑)!『カタラット』を上回るパワー(笑)。」
「うんうん。でも『カタラット』とは方向性が違いますよね?」
「鉱物 ミネラル感 とても感じますね。」
「石を砕いたよう(笑)。」
「ワインに切れがあるから、それと同調する(笑)。」
「ワイン自体に強さはあるんだけど、そしてそれが特徴なんだろうけど荒くはないんだよね。ミネラルっぽい広がり、抜けの良さは確かに強いけど、荒くない。」
「草っぽさ 植物のニュアンス強いですよね。それもハーブ。森じゃない。」
「湿った犬は走らない(笑)。」
私「最初の『カタラット』とは思想が違いますよね(笑)。」
「バジルとかオレガノなんかには相性良いなぁ(笑)。
「バジルって繁殖力強いんですよ。種からも育つし。プランターで育てても1家族分なら十分(笑)。たっぷり楽しみますよ(笑)。」
私「新鮮なバジルがあったらジェノベーゼにして、このワイン飲みながら食べたら美味しいでしょうね(笑)。」
家内「このワインは生姜とか茗荷、ネギなんかとも相性が良いですよ(笑)。」
「マスキューさん!鰹にたっぷりの薬味をかけてぽん酢醤油をかける。そしてこのワインをガブガブ飲む!」
私「考えただけで涎出ますね(笑)。レモンと醤油わ半々にしたレモン醤油使えば何にでも合いますよね(笑)。」
「マスキューさん!サン・ジョヴァンニってヴィーガン・ワインの作り手ですよね。」
家内「ワインが自然な感じがして良いと思います(笑)。」
「草っぽいし、やはりヴィーガン(笑)。」
私「そうそう。今日の4番目のワインもヴィーガン・ワインです(笑)。たまたまですが、ヴィーガンの需要はヨーロッパには確実にあるんでしょうね。」
「知り合いの娘がイギリス留学したんですけど、帰国したらヴィーガンになってました(笑)。新興宗教にはまったようなもの。会話が成り立たない(笑)。」
私「Fさんは魚釣りがお好きだから、彼女にしたら悪魔に見えるんじゃないんですか(笑)?」
「完全菜食主義者からしたら天敵ですよ(笑)。」
「緩いヴィーガンもあるんでしょ?」
「ヴェジタリアン。ヴィーガンは馬鹿にしてるかも(笑)。」
私「あいつらヴェジタリアン。ヴィーガンじゃない!って(笑)。」
家内「そうなると信仰に近いですよね。」
私「ほんとの信仰だったら寛容なはずだから、信仰というよりは原理主義的なのかな?」
家内「ビオもその危険孕んでますよね。」
「ビオ・ディナミスト(笑)。」
私「でもあまりに現実的じゃないから、最近はビオロジックの方に振れてますね(笑)。」
「なるほど!でもヴィーガンはやろうとすれば出来るから、広がる余地ありますよね。旧約聖書的だし。」



●『ネロ・ダーヴォラ』2017年 クズマーノ イタリア 赤 シチリアD.O.C. 750ml 1110円税込み ヴィノ・ロック
「パッセリーナ飲んだ後にはイイね(笑)。
しっとり感じる(笑)。」
「これ割りとネロ・ダーヴォラっぽくない
(笑)。通常はもっと濃くて甘くて黒い(笑)。」
私「都会的ですよね(笑)。果実味も明瞭ですしね。」
「南っぽい、タンニンたっぷりスタイルじゃない。でも飲み飽きしないよね。」
「逆に料理に限定されないかな(笑)。」
「これって割りとしっかりしてますよね?」
家内「とても持ちが良いですよ。」
私「はい。昨日より今日飲んだ方が美味しいです。昨日は開けたてでしたから、このワインはあまり売れませんでした(笑)。
今日になって売れだしました(笑)。」
「旨味、酸味、タンニンのバランスが良いよね(笑)。アルコール分は幾つですか?」
私「14%あります(笑)。」
「えっ!そんなにあるんだ!」
私「折り合い良いですよね(笑)。」
私「さてここでついでに問題です(笑)!このネロ・ダーヴォラは1番目に飲んだ『カタラット』とおなじ2017年ですが、『カタラット』はアルコール分は幾つでしょうか(笑)?」
私「あの強い『カタラット』です!(意地悪な誘導)。」
「う~ん。14.5%。」
「じゃあ、15%!」
「思いきって14%(笑)。」
私「正解 『カタラット』は12.5%です。」
家内「品種特性です。熟度が品種によって違います。」
「ワインとしての折り合いのつき方が違うんだよね。」
私「考えてみると不思議でもありますよね(笑)。味も違いますし。赤と白の違い以上に品種の差を感じます。」
「ところで明日、すき焼きするんですけど
。どの赤ワインが良いですか?」
「後半の3本は強いスタイルですから、この赤がイイと思います。ただし、今日開けておくとより楽しめると思います。」
「1日前に開けるんですか?」
私「はい。このワインはまだ少し若いので、開けた翌日にとても美味しくなります。」
家内「今日割下にこのワインをちょっと混ぜて沸騰してアルコール分を飛ばします。そして翌日まで冷蔵庫で寝かして、このワイン飲みながら食べるとグッド(笑)。まず外しません(笑)。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

26、27日のマスキュー試飲会のワイン

Apr 25, 2019 by weblogland |
よーやく並びました!
26、27日のマスキュー試飲会のワインです。

null

う~ん。
こうして眺めるとクズマーノの黄色と赤のラベル目立ちますね(笑)。
価格もかなりお安くなりましたから、多めに準備しました(笑)。
あと、左端の1+1=3。妙に愛嬌があると思いませんか(笑)?
でもですね、驚くほど濃厚。
そうそう、さっきインターネットで1+1=3のホームページを検索してチェックしました。
何故あんなに濃厚なのか?
そうしましたら、発見(笑)!セニエをして濃厚にしていました。
2007年ヴィンテージとは思えない生命力に皆さんびっくりしてくださいね(笑)。
今回一番高いワインが最後ではありませんが(笑)、それも試飲会にお越しくだされば謎がとけます(笑)。
あー、楽しみ(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

今月、4月26、27日のマスキュー試飲会のラインナップ決まりました!

Apr 25, 2019 by weblogland |
毎月、毎月バタバタです(笑)。
何故?って考えるに、ついつい余計なサンプルを取り寄せたり、ギリギリまで試飲したり。
どうやらこの辺りが原因のようです(笑)。
この間際のバタバタは直りませんね(笑)。

null


まずは久しぶりのクズマーノの白と赤。
お値段がとてもリーズナブルになりましたので、再登板です(笑)。
〇カタラット』2017年 クズマーノ イタリア 白 シチリアD.O.C. 750ml 1110円税込み ヴィノ・ロック
イタリア半島の南西端に浮かぶ地中海最大の島シチリア島で2000年に設立されたワイナリー クズマーノ。
シチリアの地葡萄とメルロ、シャルドネ等を育て、単一品種のワインや地葡萄とフランス系葡萄とのブレンドしたもの等をリリース。
若いワイナリーらしくチャレンジ精神に富んだワイン造りを行っています。
マスキュー定番では『アンジンベ』があります。



これは地場品種『カタラット』100%の白ワイン。
醸造・熟成はステンレス・タンクのみで行いますからセパージュの味がダイレクトにわかります。
ちょっと高級な柑橘類の香りは高密度。オレンジや甘夏というよりもっと高い感じかな(笑)。
オリジナルな香りなのです。カタラット種を調べるとマルサラの原料用の葡萄とか。
う~ん。そういわれると、マルサラのベースにはオレンジっぽさがありますから、この点納得。
でも、カタラット単体で作ったこの白ワイン、こっちの方が惹かれますね(笑)。
これこそクズマーノの手腕なのですね。
アルコール分が高くなりすぎないようにしっかり管理・栽培することで、白ワインとしての新たなスタイルを確立したようです。
実際のアルコール分は12.5%。思った以上なアルコール分が低い印象。
しかもこの価格!
恐るべしクズマーノなのです(笑)。


ここのところマスキューのマイ・ブーム
マルケのサン・ジョヴァンニのワイン。
この白ワイン、ずーっと試飲会に出したかったのですが、品切で断念。
ようやく再入荷しました(笑)。万を持しての登場です(笑)。
〇マルタ パッセリーナ 2017年 サン・ジョヴァンニ イタリア マルケ 白
マルケ I.G.T. 750ml 1712円税込み
これ、いわゆるヴィーガン・ワイン。ヴィーガンを辞書で調べると『完全菜食主義』。
植物のワインで菜食主義なんておかしい?よく調べると肥料や散布薬剤などに動物由来のものは使わない。
醸造工程でも清澄でゼラチンや卵白を使わない代わりに珪藻土などを使うとか。
なるほど、そういうことなんですね。酪農由来の動物性の材料を口にしない、使用しない主義。
今では世界の一潮流のようです。

このワイナリー サン・ジョヴァンニは1990年設立。
マルケ州の南部オッフィーダから数キロほどのピチェーノの丘にあります。
30ヘクタールをビオ・ロジックで運営しています。継続的な農業を目指す農場のワイン部門です。
所有する畑のうちチャフォーネ地区でヴィーガンの認証を取得しているようです。
サン・ジョヴァンニの所有する畑で一番高く評価されている畑です。

これまでマスキューでは赤のレオ・グエルフス ロッソ・ピチェーノ スペリオーレ
2015年と白のキアラ オッフィーダ ペコリーノ2017年を試飲会でご紹介いたしました。
赤はプリミティブで深みがあり、白は比べるもののないパワー(笑)。これは地場品種『パッセリーナ』100%の白。
中部イタリアの古代品種パッセリーナをステンレス・タンクのみで醸造・熟成。
パッセリーナ本来の抜けの良さと継ぎ目のない果実味のハーモニーは万人を惹きつけるかな(笑)。
果実の基本はグレープフルーツや白い花ですが、切れと濃度のバランスがとても良い。
折り合いが良い白ワインなのです。ともすれば温暖さに頼りがちな中部イタリアにあっても出色の出来の良さ(笑)。
デイリー・ユースのワインとしては欠点がない出来映えなのです(笑)。


●『ネロ・ダーヴォラ』2017年 クズマーノ イタリア 赤 シチリアD.O.C. 750ml 1110円税込み ヴィノ・ロック
これはシチリアでよく使われる『ネロ・ダーヴォラ』100%で造られた赤。以前はI.G,P.だったかな(笑)?
ネロ・ダーヴォラらしからぬとても軽やかで飲みやすいスタイルなのですが(笑)、
開けてから2~3日経つとバランスが出てクリーンな印象が増します。
夏場を越すとさらに良くなる予感(笑)。
濃く重くなりがちなネロ・ダーヴォラを飲みやすくするには薄く造るのも方法ですが(笑)、そうやるとワインが水っぽくなる(笑)。
これは薄くなく軽く造っています(笑)。
このため果実味も明瞭、旨味もしっかりあります。
クズマーノの葡萄栽培の良さ、醸造技術の高さを感じます。
また、以前よりかなり価格が下がりましたから、この価格帯ではベスト・チョイスですね(笑)。

間違いないトップ・ランナーです。
SO2の残存量は10mg以下!
そしてこの価格!
とうとう来ましたね(笑)。
●『エグジット』2016年 レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼ 南西フランス 赤 ビュゼA.C. 750ml 1481円税込み
まずはラベル解説(笑)。『エグジット』出口?ラベルの絵には出口が2つ。入り口は無いのかな(笑)?
ビオロジックとグリーンで書かれてます。
認証は3つとってますね。ビオロジックとエコ・セールとヴィーガン。
しかも、なんと、レ・ヴィニュロン・ド・ビュゼは協同組合!協同組合で認証を取るとは!
よく足並みが揃いましたね(笑)。しかもリーズナブルな価格!
調べると地元のワインメーカー、184人の葡萄生産者、そして95人の従業員が協同組合に集まって、栽培から販売まで一貫して手掛けています。
テーマは社会的、経済的、環境的責任を果たす!志が高い!
ちょっと普通じゃない協同組合ですね(笑)。

このワインは木樽熟成していないスタイル。
セパージュはメルロー60%、カベルネ・フラン 25%、カベルネ・ソーヴィニヨン 15%。ステンレス・タンクで発酵してからコンクリート・タンクにて9カ月間熟成。
味わいは今風。でもですね、シュド・ウエストらしい締まった味わい。
バランスが良くクリア。小粒の完熟した果実味はビビッド。輪郭がはっきりしており密度感があり、広がり余韻も長く立派(笑)。
ニュー・ワールドっぽさが気に入りませんが、ニュー・ワールドとはちょっと違う(笑)。
シュド・ウエストらしい武骨さが洗練された堅牢さに変わっていますね。しかも飲みやすい。
う~ん。
こりゃ凄い!
ワイン自体の構造がしっかりしていますから、葡萄自体の良さと醸造技術の高さを感じます。
農薬やSO2の少なさが味わいに出ています。衛生管理を含めた技術の高さは世界的にみてもトップ・ランナーに違いないレベルです。
しかも協同組合で成せるとは…!
思わず絶句しました(笑)。



身から鱗のドルチェット!
●ディアーノ・ダルバ 『ソル・リキン』 2015年 カーサ・ヴェッキア イタリア ピエモンテ 赤 ディアーノ・ダルバD.O.C.G. 750ml 3332円税込み

インポーターさん資料より
『1700年代からカーサヴェッキアは、ソリ  チン、サン キリコなど、ディアーノ ダルバに4ヶ所の畑と
バローロのカステリオーネ ファレット村に畑を持ち、その広さは合わせて約10ヘクタールになる。
バローロに隣接するわずか820エーカーの標高差の激しい石灰質が多く含まれた粘土質土壌でDOC Diano d'Albaは造られている。
ディアーノダルバ地区の町の起源は、ローマ時代に遡り、名前の由来は、”狩猟の神 ディアナ”からきています。

------------------

マスキューではこのカーサ・ヴェッキア
のバローロが定番です(笑)。ただ、2010年にD.O.C.G.に昇格したディアーノ・ダルバとバローロの位地関係が今一つ解らず(笑)、
しばらく地図とにらめっこ(笑)。よーやく理解(笑)。
バローロの東を流れるタローナ川、その左岸の北東向きの傾斜地にバローロの銘醸地セッラルンダ・ダルバ村があります。
バローロを3分割するタローナ川が合流する手前の西向き斜面がクリュ・フォンタナフレッダ。
東向きがディアーノ・ダルバ村でございます(笑)。谷の出口付近。谷を出て西に回るとカステリオーネ ファレット村。
尾根を挟んでディアーノ・ダルバ村とセッラルンガ・ダルバ村は隣接しています。
元々がバローロのクリュであるディアーノ・ダルバ村。でもそこのバローロは見たことないんですよね(笑)。
このカーサ・ヴェッキアのドルチェットの『ソル・リキン』はフォンタナフレッダの丘を南東に向かってさらに登ったところにあります。
標高が428mと高く、ネビオッロを植えてバローロを名乗っても良いところとか(笑)。
常識ではネビオッロ→バルベラ→ドルチェットの順番で標高が低くなると言われますが、このディアーノ・ダルバは違います。
土壌は完全な石灰質でネビオッロを植えればバローロを生産できる畑なのですが、ドルチェット(笑)。
でもですね(笑)、飲んで納得(笑)。
フル・ボディーではありませんが、とても品が良く深み複雑さがあります。単調になりがちなドルチェットとは別物なのです。
果実のニュアンスがプラム一辺倒ではありません(笑)。高貴とも言えます。
う~ん。
バローロとディアーノの関係は、ブルネッロ・モンタルチーノとヴィーノ・ノヴィレの関係みたいかな(笑)。
ヒュー・ジョンソン曰く「爆発的な深みがあるドルチェットがある。」と言うのが理解出来ました(笑)。言い過ぎかな(笑)。
まあ、少なくとも何故ドルチェットのD.O.C.G.にディアーノ・ダルバが昇格したか府に落ちました(笑)。


家内共々心に突き刺さりました(笑)。
●デフォラ 2007年 1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)スペイン 赤 ペネデスD.O. 750ml 2406円税込み
マスキュー定番のスペインの発泡性ワイン カヴァ 1+1=3のラベルと言えば皆さんご存知(笑)。
比較的軽いカヴァの多い中、しっかりとした濃度感のある良品として愛されています。
カヴァと言えば日本ではかなり馴染みのスペインの発泡性ワインですが、その大半は大メーカーによります。
(日本でも黒いラベルのフレシネやコドルニュが有名ですね。)ただコストがかかるため小規模生産者が育ちにくい産業でもあります。

いきおい小規模生産者は大手カヴァメーカーに生産したワインやブドウを売るしかない状況です。

そんな中、カヴァの聖地ともいわれる生産地域ガルディオーラ・フォン‐ルビで、カヴァ最高品質のブドウを栽培することで有名なピニョル家は、現地ワイナリーの間で「幻のブドウ」といわれ高値で取り引きされていました。
彼のところは30ヘクタールの畑を所有する家族経営の生産者です。
ピニョルさんのブドウ栽培は除草剤や殺虫剤は一切使用しませんから、畑仕事にとてつもない労力が注がれます。休みなく一日4時間睡眠で働くそうです。
そして醸造にはフリーランの果汁しか使用しません。いわゆるプレス果汁を使わない徹底ぶり、濃さとクリアな味わいの原点なのです。
そんなピニョルさんとペネデスのトップワイナリー「カン・ラフォルス・デルス・カウス」のエステーベ家とのベンチャーがこの1+1=3なのです。

当初はカヴァのみのブランドだったようですが、1+1=3の成功とともに赤ワインも登場(笑)。
これは標高400mほどの高地の畑のもの。樹齢45年の石垣に囲まれた少面積の畑です。
おそらくピニョルさんの掌中の珠。キュヴェ名『デフォラ』はフランス語の『クロ』の意味。まんま(笑)。
セパージュはガルナッチャ75%、カリニェーナ25%。26~27℃の比較的低い温度で20日弱アルコール発酵、そして300Lのフレンチ・オークの樽で13ヶ月間熟成。
飲んでびっくり(笑)。2007年とは思えない生命力。全然枯れていなく、溌剌とした印象。
普通除梗した今風のワインでは10年も経つとへたりますが、これは全然疲れた様子無し(笑)。
旨味、深み、パワー 3拍子揃っています。プリオラートの雄 かつてのスカラ・デイのワインを連想させます。
思わず泣きそうになりました(笑)。
ガルナッチャはフランスではグルナッシュ。ローヌ・ワインの主要品種。
すぐ飲んですごく美味しい(笑)スタイルのフレンドリーな品種として知られています。でもですね、ガルナッチャは違います(笑)。
若いうちは武骨で、飲んでも途方に暮れるほど、10年以上経ってようやくタンニンがほどけてきて内在する爆発的な果実味と折り合いが取れる。
この様を知ると病みつきになる(笑)。
さらに時間が経ち20年を越えると旨味と果実味が研ぎ澄まされながらも、渦巻くような求心力を発揮し飲み手の言葉を失わせる。
これなんですよね(笑)。これこそガルナッチャ!


以上6本!
いつも通り26日(金)は17~20時30分
27日(土)は11~20時30分までやってます!
皆様のお越しお待ちしておりまする(笑)。

桝久商店 岡本利秋・昭子



ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

クーリー・デュテイルの『クロ・ド・ロリーヴ』1990年!

Apr 22, 2019 by weblogland |
いやー、美味しかったです(笑)。
クーリー・デュテイルの『クロ・ド・ロリーヴ』1990年!

null

私勘違いして『クロ・ド・エコー』だと先日ブログに書いていました。ごめんなさい。
コルク開けるのに冷や汗かいちゃいましたが、無事抜栓出来ました(笑)。コルクは
特別長くありませんが、まだ若干の弾力は残ってました。30年位の熟成を想定してるのかな?
色はエッジが少し熟成したような感じがありますが、とても1990年とは思えぬ生き生きとした濃いルビー色。全然抜けてません。香りはカベルネ・フラン(笑)。
古びたニュアンスは全くなくひたすらエレガント!すべてが重合しているし、液体の折り合いの良さは、これこそ!
う~ん。
アルコール分が12.5%でもこんなに長い生命力があるとは!
栽培の良さ、全房発酵、あとテロワールなのかな?
これで引き出しがまた増えました(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

スペイン リアス・バイシャスのボデガス・アルバマルのワインです。

Apr 16, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
こんなの取り寄せちゃいました(笑)。

null

スペイン リアス・バイシャスのボデガス・アルバマルのワインです。
このボデガス・アルバマルはかつてヴィノ・テークの海老沢さんが絶賛したもの。あの当時はまだ日本未輸入。これは、たまたま最近お付き合いが始まったインポーターさんのアイテムです。
写真右がこのワイナリーのスタンダード・キュヴェ。
そして左が『パイ』。特別品のようです。一部をフードルで熟成したもの。リアス・バイシャスは基本的に樽は使いません。きっと絶妙な使い方してるかも(笑)。
う~ん。
楽しみ(笑)。18日辺りに開けましょうか?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキューのカウンターの上

Apr 14, 2019 by weblogland |
今、マスキューのカウンターの上はこうなってます(笑)!

null

イタリア プーリアのアパッシメント!アパッシメント!アパッシメント!の3連発。
向かって右から
●『アパッシメント』2016年 カーサ・ヴィニロニア

パッソ・デル・スッドゥ アパッシメント 2015年 プロゲット・ヴィニ

『モンテ・デイ・コッチ』 プリミィティーヴォ・サイレント ヴァンダンミア・タルディーヴァ2015年

アパッシメントと言うとプーリアの専売品のようですが、実は法律で決められた
レギュレーションがかなり緩い(笑)。基本は、収穫後陰干しして糖分を凝縮。収穫のタイミングや陰干し期間の規定はありません。生産者によっては樹上で完全に干からびるまで待つ強者もあり(笑)。
右側と真ん中のものは陰干ししたもの。左側は樹上で干からびるまで待ったもの(笑)。価格に反映されますね(笑)。
いずれもマスキューの大定番としては皆様ご存知のものですが、何故並べたかと申しますと、価格が下がりました!
右側のカーサ・ヴィニロニアのアパッシメントは1527円→1388円税込。真ん中の
パッソ・デル・スッドは1758円→1527円税込!コスト・パフォーマンスがさらに高くなりました(笑)!
そんな訳での大セールでございます(笑)。
あれ、『モンテ・デイ・コッチ』は値段下がらないの?(鋭い!)
はい。下がりません(笑)!
これは数がとても少ないので、変わらずと言うことでお許しを!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

シノン クロ・ド・レコー 1990年 クーリー・デュテイユ

Apr 11, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
これ、なーんだ?
シノン クロ・ド・レコー 1990年 クーリー・デュテイユ

null

マスキューの扱っているものは2001年。以前試飲会で紹介してご好評いただきました。20年近く経っているのに若々しい生命力には驚かされました。一体いつまでも持つの(笑)?これは1990年。なんと、30年近く前のヴィンテージです。
私も家内もクロ・ド・レコーの古いものは飲んだことありません。ロワールの星付きレストランの定番のワインなのですが、レストランではきっとセラーから古いヴィンテージのものをシズシズ出して、『これこそ当店のロワール料理にピッタリ!この経験をしなくてはロワール料理を知ったことにならない!』なんて勿体つけて飲ませるはず(笑)。
今回たまたま見つけたので、速攻発注!
もちろん飲むためです(笑)。在庫のクロ・ド・レコー2001年をあと10年待つのも良いのですが、私と家内はあと10年待てません(笑)。だって私あと10年したら70歳。死んでるかも?アルコールはもう飲めなくなってるかも?冗談じゃない!
見つけたからには飲んでやる!
という訳でございます(笑)。
ラッキー!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキュー 試飲会リポート 番外編 その3

Apr 07, 2019 by weblogland |
試飲会もたけなわ、もうそろそろ終わりかな?疲れたし(笑)。

null

そんな頃ドンナルーチェを愛するAさんがお友達を連れてご来店くださいました。
一通り試飲して棚に並んでるドンナルーチェを発見。
Aさん「おっ、ドンナルーチェ発見(笑)!立派な瓶だよね。このワイン凄いんだよ(笑)。」
友人Bさん「どう凄いの(笑)?」
Aさん「とにかく凄いの(笑)。飲んだらビックリするよ(笑)。」
私「香り、生命力が尋常じゃないですよ(笑)。」
Aさん「そーだよね。まずはこの下のフラスカーティーを飲んで、それからこのドンナルーチェを飲むと凄さが実感出来るんだよね(笑)。マスキューさんにフラスカーティーあるから買ってみたら(笑)。」
そうまで言われると私のドンナルーチェ愛に火がつく(笑)。
私「実は2018年去年の1月28日に開けた2016年のドンナルーチェありますから試してみます(笑)?もうシェリーっぽいんですけどね(笑)。」
Aさん「えっ!そんなのあるんですか!」
「1年以上前じゃないですかぁ!」
私「変態じみてるんですけど(笑)。」
「あっー!美味しい。ドライ・フルーツの砂糖漬けみたい!」
「シェリーっぽいけど香りが凄い!生きている!」
私「シェリーだとしてもこんなシェリー無いですね。」
Cさん「ニコニコしちゃう(笑)。」
Aさん「この先どうなるんですか?」
私「取り敢えずこの状態は続くと思います。」
「これホントに1年以上あいたままだったんですか?」
私「はい。コルクを逆にさしてセラーの隅に置いてました(笑)。おかしいですよね(笑)。」
「これって2016年ですよね。」
私「もう現行は2017年ですから、2016年の在庫はありません。テイスティング始めてから1年以上経っちゃいました(笑)。
ようやくこのワインのことが解ったような気がします(笑)。」
家内「テイスティングが追いつかないなんて笑っちゃいますよね(笑)。」
私「だからもうドンナルーチェのテイスティング・リポート書くの止めようって思ってるんですよ(笑)。」
Aさん「私ドンナルーチェのバック・ヴィンテージを5本持ってます。セラーには入れてないんですが、涼しい土間ですから大丈夫かな?」
家内「家の北側の土間だったら新聞紙にくるんで箱に入れて置けば大丈夫だと思いますよ(笑)。」



ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 番外編 その2

Apr 05, 2019 by weblogland |
「先日テレビで見たんですけど、芸能人格付けなんとかみたいな(笑)。黒いグラスに赤ワインと白ワインを入れて飲む。外からワインの色が解らないようにします。そうしたら赤か白か飲んで解らなかった!そんなことあるんですか?」
Fさん「オレンジ・ワインかな?」
私「あー、オレンジ・ワインだったらあり得ますね(笑)。」
「良くご存知!そのオレンジ・ワインで騙されてました(笑)。で、オレンジ・ワインって何ですか?」
私「皮ごと発酵させるタイプの白ワインです。甕の中で発酵させたり、あとSO2を加えなかったり、色々な流儀があるようです。まあ、皮ごと発酵させますと果皮のタンニンが多く抽出されまさからとても強い白ワインになります。」
Fさん「色もかなり濃いですよ(笑)。」
私「Fさん!さすがですね(笑)。」
「マスキューさんにはオレンジ・ワインありますか?」
私「え~と。イタリアのロ・ゼルボーネの白はそれかな。でも今売り切れですね。来月来ますよ(笑)。」

Fさんをはじめ、マスキューのお客様はレベルが高い!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

試飲会リポート 番外編 その1

Apr 04, 2019 by weblogland |
「マスキューさん、ワインを発酵する前に破砕するんですよね?どうやるんですか?」
私「破砕器にかけますよね。」
「私、ワイナリーで足で踏んで破砕しましたよ(笑)!」
私「おっ、古典的なやり方ですね(笑)。」
「山口県のワイナリーで醸造体験。長靴履いて踏み潰しました(笑)。」
「なっ、長靴ですかぁ。衛生面が怖いなぁ(笑)。」
「一応土足というわけじゃなくてビニールの上で長靴に履き替えました(笑)。」
家内「昔はよく素足でやってたようです。」
「そーいえば、ロワールのワイナリーの写真でおじさんが胸まで漬かって踏み踏みしてましたっけ(笑)。」
「えっ、えっ、えー!胸まである長靴履いてですか?」
「裸かも?」
「あっー!それ許せない!不衛生極まりない!」
「汗とか体毛が…!」
私「入りますね。」
「大丈夫なんですか?」
私「衛生面で汚染があればワインとしては
不味くなりますね。そうならなければ大丈夫なのかな(笑)。」
家内「ドイツなんかでは、汚れなき乙女がフミフミする役目(笑)。」
「水虫のおじさんだったら!」
私「考えないようにします。」
私「発酵すると液温も上がりますから寒くないのかな?そうするとリアル・スキンコンタクトになる(大爆笑)。」
「日本酒なんかでも杜氏さんがふんどし一丁で麹作ってますよね。」
「それでも発酵槽には浸からない(笑)。」
私「まあ、アルコール自体殺菌力ありますからね。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 後半201903

Apr 02, 2019 by weblogland |
レオ・グエルフス 2015年 サン・ジョヴァンニ イタリア マルケ 赤 ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ 750ml
1944円税込み
「おっ!これベビーだねぇ。イタリアらしい(笑)。イタリアの何処ですか?」
家内「中部イタリアのマルケ州です。」
「私マルケにいたんです!ペルージャ!」
「いかにもモンテプルチアーノ種らしい。
好きなんですよね(笑)。」
「陽光をたっぷり吸ったような味(笑)。」
「それにしてもタンニンの分量が凄いですよね。でも、タンニンだけじゃない(笑)。」
「ハーブだよね。バジルっぽさ う~ん。
スパゲッティー・ジェノベーゼ食べたくなっちゃう(笑)。」
「ハーブも湿った感じじゃないですよね。
やはり陽光(笑)?」
「マスキューさん。マスキューさんの定番にロッソ・ピチェーノありましたよね?」
家内「『チウ・チウ』です(笑)。『チウ・チウ』のゴティコが同じランクです。」
「あー。あれね(笑)。ゴティコと比べるとどうですか?」
私「ゴティコの方が都会的かな(笑)。こっちの方がプリミティブですね。」
「マスキューさん!このワインって小豆っぽさありますよね。」
私「さすが!ゴティコもそうです。マルケのモンテプルチアーノの特徴だと思います。」
「このワイン前回の試飲会で出した白ワインのラベルとよく似てますが?」
家内「同じ生産者です(笑)。いわゆるヴィーガン・ワインです。」
「ふーん。菜食主義でしたっけ?」
家内「完全菜食主義(笑)です。」
「完全がつくんですね(笑)。」
「殺生をしないってヤツだよね。」
「ワインってそもそも菜食だよね(笑)?」
家内「牛や馬の堆肥も使わない。濾過に卵白も使わないなど徹底しています。」
「なるほど。だから完全菜食主義なんですね(笑)。」
「ヴィーガンってよく聞きますよね。一つの潮流なのかな?」
「ヨーロッパ圏に多いのかな?」
私「ユダヤ系の方に多いような感じですよね。根底に『ノアの箱船』があるのかな?」
「主義っていうから信仰的でもあるよね。」
「そう言うとなんか怖い?」
「半捕鯨団体のグリーン・ピースなんかその流れじゃない?」
「今ヨーロッパでは毛皮製品の排斥が始まっているのも無関係じゃないのかな?」
私「半捕鯨の国際会議では、日本がいくら捕鯨の理論的な話をしても通じないって新聞に書いてありました。理屈じゃないんですね。」
「そうだよね。鯨やイルカを殺すことは断固としてダメなんだろうね。」
「あと世界的な環境意識の高まりも後押ししてるんだろうな。」
「我々の知らない価値観があるんだね。」
「マスキューさん。いわゆるビオ・デナミでは牛の糞など使いますよね。」
家内「はい。ですからこのヴィーガン・ワインはビオ・ロジックとなっています。」
「ビオ・ロジックとビオ・デナミは違うんですか?」
家内「ビオ・デナミっておまじないや信仰に近い部分があります。ビオ・ロジック
はそれを取り除き理論的に立証できる部分を行う流儀とでも言えますか。」
私「このワインを飲んだ印象からすると、極力余分な人意を加えないプリミティブな味わいを感じます。」
「まあ、良いワインであることは間違いないから良しとしましょう(笑)!」



●リラック 2016年 シャトー・ド・セグリエス フランス ローヌ 赤 リラックA.C. 750ml  2268円税込み
「すみません。リラックて何処ですか(笑)?」
私「南ローヌです。シャトー・ヌフ・デュ
・パフの対岸ローヌ川を渡ったところのアペラシオンです。隣がタベル。ロゼで有名な産地です。
「タベル・ロゼですね(笑)。あとロゼ・ダンジュにカベルネ・ダンジュでフランスの3大ロゼ産地でしたっけ?」
「それ資格試験の勉強でしましたよ(笑)。」
家内「AOCに昇格したのは比較的早いんですよ。」
「近くにパフがあるから目立たない(笑)。」
「これ、美味しいですよ。それもかなり美味しい(笑)。」
「あー、たしかに。美しい。」
「果実味が綺麗。」
「え~と。セパージュはグルナッシュ、シラー、なんかのいわゆるローヌ・ブレンドなんだけど、ちょっと違う(笑)。」
私「旨味が全面に出てますよね。プレス果汁を使っていないような感じです。」
「日本酒と一緒だよね(笑)。」
「ありそうでないローヌ・ブレンドかな(笑)。」
「前の試飲会でやったミストラルなんかに共通したエレガントさですね。」
「甘くて強烈な今風のパフみたいなワインは確かにインパクトあるんだけど、食指が働かないんだよね。歳かな(笑)。こんなスタイルなら食事しながらしょっちゅう飲みたいな(笑)。」
「ところでこのワイン、強さもありますよね。酸がしっかりある。」
私「はい。ありがとうございます。ちなみにアルコール分はなんと14.5%あります。」
「えーっ!そんなにアルコール分が高いとは思えませんよ!」
私「そーなんですよ(笑)。折り合いがとても良い証かと。」
「マスキューさんが言う 折り合いの良さ 
の意味が解りました(笑)。」
家内「バランスが良く、突出したものがありませんよね(笑)。」
「旨味と美しさは突出してるのかな(笑)。」
私「このワインと一つ前のロッソ・ピチェーノは好みの別れるところでもありますね。」


●モルゴン 2013年 ドメーヌ・デ・コート・ド・ラ・モリエール
販売価格(税込): 3,480円
フランス 赤 ボジョレー モルゴンA.C. 750ml
「あっ!これ香りが物凄い!吹き出てる!」
私「あー、ヤバいですね(笑)。」
「深い、とにかく深い。渦巻いてる。」
家内「一昨年の7月に飲んだ時はピノ・ノワールみたいな香りが支配的でしたが…
。こんなに香りが吹き出るとは!」
「ピノ・ノワールみたいな薔薇のニュアンスはあるけど…、妖しい…。」
「森のような…。上手く表現出来ない。犬が森のなか走る(笑)。」
「白檀のような高貴な、凄く複雑。」
私「とんでもなく高級なワインのブーケ…
生々しいほど妖しい。壮麗でもある。ほんとヤバい(笑)。」
家内「腐葉土や苔、羊歯、キノコ、柔らかな桃のような果実、チェリー、全体の大きさが掴めないほど。」
「このワインどうなるんですか?」
私「解りません。熟成したブーケが出るのは思ったより早いでした。ガメイ種だからかな?これから先どうなるんでしょ?」
「早いと言っても、きっとまだまだ時間がかかるような気もしますが?」
私「古くなった訳じゃないんですよね。まだまだこれからだとは思いますが…。」
「マスキューさん!これってボジョレー・ヌーボーと同じ品種ですよね(笑)?モリエールのボジョレー・ヌーボー飲んだけど凄く美味しかったよね。一年置いといてから飲んだら更に美味しかったぁ。」
私「はい(笑)。そーです。こんなガメイ経験したことありませんので、なんと言ってよいか解りません。とにかく凄いとしか言いようがありません。」
私「良い年のラ・ターシェなんかこんなニュアンス有るんですけど、10年くらいでは出ません。熟成の早いガメイの品種特性なのか…。」
「マスキューさん、やはり『ノーマ』のソムリエは知ってたんですね(笑)。」
私「多分。」
私「このワイン、1本の葡萄樹からハーフボトル1本以下しか果汁を得ませんし、これ以上濃く出来ないレベル、尋常ではないボジョレーであることは解ったはずですよね。しかも作柄の悪かった2013年でこの出来栄えですから。」
家内「そうそう。Eテレの番組で『旅するフランス語』って知ってます?」
「知ってる知ってる。常磐貴子が出てたな(笑)。」
私「それそれ(笑)。黒木華が出演してリオンのワインショップでブルゴーニュの郷土料理に合うワインを所望。そうすると
ワインショップの店員が自信たっぷりにこのワインを出してました!たしか30ユーロ位でした。もちろん我が家は狂喜乱舞(笑)。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会 リポート 前半 201903

Mar 31, 2019 by weblogland |
昨日、一昨日とご来店ありがとうございました!

「あれ?マスキューさんブログと並び違いますよ!」
私「えっ!どれどれ(携帯を見る。)、あっ!一番目と二番目の写真が入れ替わってる!失礼失礼。のっけから大変失礼いたしました!お許しくださいませ。」
◎ピノ・ロゼ フリザンテ N.V. レ・コンテッセ 
販売価格(税込): 1,388 円
イタリア ヴェネト ロゼ 微発泡 I.G.T. マルカ・トレヴィジャーノ 750ml スクリュー・キャップ
私「まずはマスキューの大定番のロゼの泡でございます。花見の必須アイテムでございます(笑)。」
「おっー!香りがイイですねぇ(笑)。」
「フランボワーズ、イチゴ、ストロベリー。香りはピノ・ノワールみたい(笑)。」
「これ、去年も今頃の試飲会に出ましたよね(笑)。サクラ見ながら飲むには最適(笑)。」
「ラベルにサクラの花びらがデザインされてる(笑)。小技が効いてますね(笑)。」
「香りが綺麗だし。凄く飲みやすい。」
私「スクリュー・キャップですから、お花見で飲み残しても持ち帰って冷蔵庫に入れておけば、まだ飲めます(笑)。」
家内「ガス圧は3気圧弱ですが、わりと泡持ちが良い。スクリュー・キャップなのが幸いします。」
「開けてからどのくらい持ちますか?」
私「ガスは段々畑抜けていきますが、ワイン自体の酸化のスピードはかなりゆっくりしています。開けてから冷蔵庫に入れておけば1週間くらいは楽しめますよ(笑)。ガスが抜けても美味しいですよ(笑)。」
「へぇー、そんなにモツのですか?」
私「炭酸ガス自体に酸化防止の機能があります。」
「なるほどね(笑)!」
「う~ん。これって若干甘いけど、甘さ加減が良いですよね(笑)。エキストラ・ブリュットの泡は確かに美味しいけど、日常の食卓だと舌が敬遠しちゃうんですよね(笑)。」
「そうそう。かといってベタっと甘いと食事しながら飲むのは無理(笑)。塩梅が絶妙なんだよね(笑)。」
家内「泡の名人コンテッセの成せる技です(笑)。」
私「コンテッセは原料の葡萄はすべて自社畑より調達します。それ故管理が良い。葡萄の糖分が一定に達すると一気に収穫するようです。出来上がりのワインを想定した管理が出来ています(笑)。大したものです。」
「なるほどね。ランブルスコにしてもこのくらいの甘さがあった方が、我々としても嬉しい(笑)。」
「このロゼの泡は何でも合いそうですよね(笑)!」
「生ハムなんか良さそう(笑)。」
「ワインの甘さが生ハムの塩辛さを引き立てるよね。」
家内「イタリアだとこの手の泡はもっと甘い場合が多いです。わりと日本人好みの甘辛い泡って少ないんですよね。」
私「イタリア人の甘辛さのバランスと日本人のバランスは絶対に違いますよ(笑)。」
「ラテンだから極端(笑)。強烈なんだよね(笑)。」
「ランブルスコなんか結構甘いの多いよね。」
「マスキューさんの定番の安いランブルスコも甘さ加減がイイよね(笑)。」
私「ありがとうございます(笑)。」
「いつぞやこのロゼの泡をラム肉パーティーに持っていったのですが、すべてのラム肉料理に合いました(笑)。一見軟弱そうなんですが(笑)、実はしっかりしたワインなんですね(笑)。」


〇グリューナー・ヴェリトリーナー グロッサー・サッツ2017ヴァイングート ミューラー・グロースマン
販売価格(税込): 1,820 円
オーストリア ニーダーエスタライヒ州 クレムスタール 白 750ml (スクリューキャップ)
私「これもマスキューの大定番(笑)。オーストリアの白ワインなのですが、先日ヴィンテージが2017年に変わりまして味わいを確認したところ、とても美味しい!
そんな訳でたまには皆さんに思い出していただきたく今日の試飲会に出しました(笑)。」
家内「基本的には同じスタイルですが、2017年は特に良い出来映えですよ(笑)。」
「鮮烈で美味しい。あまり経験ないワイン。何て言うのかな?」
「酸味も強いけど旨味もしっかりある。」
私「抜けが良く、広がりがありますよね。
後味に白胡椒や塩辛さがあります。」
「あっ、ホント、ホント、塩辛い(笑)。あまり経験したことはないですけど、親近感ありますね(笑)。」
「これ、天婦羅を塩で食べるとき飲んでみたい(笑)!」
「パリッと洗濯して乾いたYシャツみたいなワイン(笑)!」
私「素晴らしくアバンギャルドな表現です(笑)!」
家内「旨味、厚み、酸味が高度にバランスをとっているようなスタイルよね(笑)。」
「日本人好みですね(笑)。グリューナーとピノ・ブランとアルバリーニョはマスキューさん曰くの日本人好みでしたっけ(笑)。」
私「へっへっ(笑)。ありがとうございます。ピノ・ブランやアルバリーニョは魚介類には鉄板ですけど、グリューナーは料理に使う油がバターやオリーブ油ではなく穀物類の油 サラダオイルや胡麻油、綿実油などかと。あと塩味も鉄板かと。我々の食卓にかなり近い白ワインだと思います(笑)。」
家内「あと、豚肉には相性抜群です(笑)。」
「塩で食べる焼き鳥!うまそうですね(笑)
。考えたらヨダレ出ちゃう(笑)。今日焼き鳥屋行くから持っていこうかな(笑)。」
「この白スパイシーだから中華料理なんか鉄板ですよね(笑)。香辛料が入ったタレにつけて作ったチャーシューなんかと良く合いそうよね(笑)。」
「マスキューさん。今日ロゼの泡より後に白がくる順番の意味が解りましたよ(笑)。普通は白が先でそのあとがロゼですよね(笑)。いきなりこんな鮮烈な白を飲んだら、ロゼが霞んじゃいますもんね(笑)。」


●モラゴン 2017年 ボデガス・カスターニョ
販売価格(税込): 849 円
スペイン イエクラD.O.赤 750ml
「マスキューさんにしてはかなり安いワインですね(笑)。期待して良いのかな(笑)?」
「1,000円以下で美味しいワインってなかなか無いですよね(笑)。」
私「これもマスキューの定番です。コスト・パフォーマンスが高いので重宝してましたが、更にお安くなり849円となりました(笑)。」
「スペインのカベルネ・ソーヴィニヨンですか。」
「あっ!これ飲みやすい!」
「水っぽくない(笑)。」
私「そーなんですよ(笑)。普通に美味しく飲めます(笑)。カベルネの味はしませんが(笑)。」
「柔らかみがイイね(笑)。」
「そうそう。口に当たるものがない。クリアな味しますよね。」
「う~ん。これが849円かぁ。こんなの他にもあるんですか?」
私「今のところありません(笑)。」
「カベルネだとブラック・チェリーやカシスの香りですが、これは違う(笑)。何故ですか?」
私「産地とカベルネの相性が良くないとしか…(笑)。」
家内「このワインの産地イエクラは寒暖差が大きく、モナストレルの産地として有名です。かなり濃くて熟成に時間のかかるワインです。カベルネとはミスマッチと言えます。」
「モナストレルってフランスのムールヴェドルですよね。バンドールなんか有名かな。わりと暖かい産地の葡萄ですよね。」
私「カベルネらしさという点ではミスマッチなんですが、葡萄の糖度は立派に上がります(笑)。それを今風の技術で飲みやすく仕上げたスタイルですね。」
「マスキューさん。これってスペインらしい樽の風味が無くて良いですよね(笑)。果実味や葡萄のタンニンがダイレクト。でも力ずくじゃない。とても飲みやすい(笑)。」
「とりあえずワインを飲みたい時にはイイね。キャッチフレーズ通り『迷ったらコレ』かな(笑)。」
「マスキューさん。どんな新技で作られているんですか?」
私「おそらくミクロ・ヴィラージュやマロラクティック・コントロールはしているはずです。ちょっとサンジョヴェーゼみたいな柑橘類のニュアンスを感じます。」
家内「ニュー・ワールドっぽいにはぽい。
ただし、葡萄の質がかなり高い印象があります。」
「たしかに、葡萄自体の良さがありますよね。コレばかりは技術でどうにかなるものではないですもんね(笑)。」
「この価格でこんなに濃いワインは無いよね(笑)。」
「美味しく感じる要素がちゃんとある。」
「変なもの加えた感じもないし(笑)。」
家内「このワイン、今日開けて明日になってから飲むととても美味しいんですよ(笑)。毎年ヴィンテージが変わる頃が美味しいんです(笑)。」
「安いワインでもそんなことあるんですね
?安いワインって持たないんですけどね(笑)。そうするとこのワインは安くてもちゃんとしてるということかな(笑)?」

ケース買いのお客様もあり、予想通り本日のトップセラーとなりました。ありがとうございました!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・デュ・クロ・サン・ルイ研究

Mar 29, 2019 by weblogland |
マスキュー試飲会前の昨日28日、フランスからお客様がご来訪しました!

null

フランス ブルゴーニュ フィサンに本拠を置くドメーヌ・デュ・クロ・サン・ルイのお嬢さんヴィルジニ・フィリップ嬢。この方お父さんのベルナールさんと二人でドメーヌを切り盛りしています。モンペリエ大学で栄養学を専攻卒業。リーマン・ショックで就職先もなく、兄弟はドメーヌの仕事から離れており、2015年から跡継ぎとしてドメーヌに入ったとか。実は、私の娘と同じ年(笑)。リーマン・ショックの就職大氷河期を思い起こしました(笑)。あのときの若い方は大変でしたよね。出鼻から壁にぶち当たっちゃいましたよね。
ヴィルジニさん「もともとドメーヌを受け継ぐはずではなかったのですが、今は父から様々なことを学んでいます。」
私「へぇー、偉いですね(笑)。ウチは私の代でおしまいですから(笑)。」
フランス人にありがちなベラベラ話すタイプではなくとても謙虚でチャーミングな方(笑)。
私「フィサンにモノポール持ってるなんて伝統あるドメーヌなんですね。」
ヴィルジニさん「モノポール『クロ・ザントル・ドゥー・ヴェル』は16世紀にくつられた石垣で囲まれた区画です。とても日当たりが良く他の畑より葡萄の成育が良いのです。」
インポーターさん「あと弊社ではまだ輸入していませんが『アン・オリビエ』という区画があります。かなりの好立地でして1級になるよう申請しています。」
私「そりゃ凄い!相当イイんでしょうね(笑)。」
私「ところで1ヘクタール何本の葡萄樹を植えていますか?(意地悪さは容赦ありません(笑))」
ヴィルジニさん「1ヘクタールに10,000本植樹しています。樹高も低い伝統的な栽培です。」
私「そうすると仕立てはシングル・グイヨですね?」
ヴィルジニさん「正確にはギヨ・プサールです。」
私「ギヨ・プサール?初めて聞く用語です。」
ここから俄然ヴィルジニ嬢のピッチが上がる(笑)。
ヴィルジニさん「通常のシングル・グイヨでは結実枝を左右どちらかに誘引します。ただ、それだと葡萄樹の力が左右に片寄ります。そうすると本来葡萄樹が持つ力を発揮出来ません。ですから我々は葡萄枝の誘引方向を毎年変えます。」
私「えー!1ヘクタールに10,000本の密植ですから、全部の葡萄樹の誘引方向を逆にしなきゃならないでしょ!?」
ヴィルジニさん「はい。(涼しい顔で宣う。)」
私「それは大変だぁ!」
ヴィルジニさん「ただし古木だとそれは出来ませんが。」
インポーターさん「弊社が輸入している4アイテムを持ってきましたから、ティスティングしましょう。」
私「全体に綺麗。除梗した飲みやすいスタイル。樽香もでしゃばらないエレガントなスタイルですね。エア・レーションと
撰果が良いのかな。」
ヴィルジニさん「白は木樽発酵・木樽熟成
します。新樽は使いません。」
私「折り合いがイイですよね。SO2もあまり感じません。とても綺麗(笑)。ちゃんとした正統なシャルドネ。大事に造っている感じが伝わって来ますね(笑)。」
インポーターさん「ありがちな外れた区画のシャルドネではありません(笑)。」

私「マルサネ2015年はふっくらして重心が低くて、いかにも優良なマルサネ(笑)。

ヴィルジニさん「2015年の作柄の良さが出ています(笑)。赤は基本的にセメント・タンクで発酵させます。そして木樽熟成。マルサネは15%新樽で15ヶ月熟成します。」
私「樽の使い方が上手ですよね(笑)。果実感が引き立ってイイですね(笑)。」
インポーターさん「何処産のピエス使ってるんでしょうね?」
私「アリエとヴォージュじゃないかな?ちょっと粉っぽさあるよね。」
ヴィルジニさん「アリエとヴォージュです
。」

ヴィルジニさん「この『クロ・ザントル・ドゥ・ヴェル』は困難な作柄の2013年です。」
私「マルサネとは全然違う。香りの出方が違う。マルサネみたいに重心の低さはなく華やか。かなり複雑。ヴィンテージ由来の軽さはあるけど、もともとのポテンシャルはかなり高い!もっともマルサネ、フィサン共にしっかり1級規格だから良心的だよね。」
インポーターさん「マルサネと同じ作り手のワインとは思えないですよね(笑)。」
ヴィルジニさん「このモノポールは平均樹齢は55年。収量は45hl。セメント・タンクで発酵後、10ヶ月の木樽熟成です。新樽の比率は15%です。」
私「2013年だと樽熟成期間が若干短いのかな?」
インポーターさん「作柄の性なんでしょうね。」
私「それにしても2013年でこの香りは大した物ですよね(笑)。」

ヴィルジニさん「このジュヴレイ・シャンベルタン『エトロワ』はグリオット・シャンベルタンの地続きです。」
私「おー!そりゃ凄い!」
ヴィルジニさん「収量は35hlで25%新樽で15ヶ月熟成します。」
私「完全にグラン・クリュ規格ですね(笑)。」
私「旨いには旨い。もっと美味しいともっと良い。もっと美味しくしてスターになってくださいよ(笑)。あと一皮剥ければ
比類ないドメーヌと称賛されますよ(笑)。そうなったらワインが高くなるかな?」

私「グリーンハーベストして少し収量を下げるか、除葉するか、そうそう全房発酵してみては?このくらいの濃さがあれば可能だと思いますが?」
ヴィルジニさん「全房発酵は魅力なのですがリスクがあまりに大きいのです。」
私「一部だけ全房発酵してスペシャル・キュヴェにしたらどうです?」
インポーターさん「キュヴェ・スペシャル!」
ヴィルジニさん「ニコニコ(笑)。」

ヴィルジニさん わざわざご来訪ありがとうございました!お父さんによろしくお伝えください(笑)。


ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

モラゴン 2017年 ボデガス・カスターニョ

Mar 29, 2019 by weblogland |
今日は5時から試飲会。
一昨日陳列棚にスペインのモラゴン並べました。

null

インパクトあるでしょ(笑)。
もうすでに威力を発揮しています。
ご覧になった方は皆さんニヤリ(笑)。もともとワインについていたタグを拡大コピーしたのですが、大きくなると威力が増すようです(笑)。
う~ん。
大きいことはイイことだ!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ
ページ移動 1,2, ... ,133,134 次へ Page 1 of 134