前月   April 2019   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:


 ←ここをクリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。
 ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

スペイン リアス・バイシャスのボデガス・アルバマルのワインです。

Apr 16, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
こんなの取り寄せちゃいました(笑)。

null

スペイン リアス・バイシャスのボデガス・アルバマルのワインです。
このボデガス・アルバマルはかつてヴィノ・テークの海老沢さんが絶賛したもの。あの当時はまだ日本未輸入。これは、たまたま最近お付き合いが始まったインポーターさんのアイテムです。
写真右がこのワイナリーのスタンダード・キュヴェ。
そして左が『パイ』。特別品のようです。一部をフードルで熟成したもの。リアス・バイシャスは基本的に樽は使いません。きっと絶妙な使い方してるかも(笑)。
う~ん。
楽しみ(笑)。18日辺りに開けましょうか?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキューのカウンターの上

Apr 14, 2019 by weblogland |
今、マスキューのカウンターの上はこうなってます(笑)!

null

イタリア プーリアのアパッシメント!アパッシメント!アパッシメント!の3連発。
向かって右から
●『アパッシメント』2016年 カーサ・ヴィニロニア

パッソ・デル・スッドゥ アパッシメント 2015年 プロゲット・ヴィニ

『モンテ・デイ・コッチ』 プリミィティーヴォ・サイレント ヴァンダンミア・タルディーヴァ2015年

アパッシメントと言うとプーリアの専売品のようですが、実は法律で決められた
レギュレーションがかなり緩い(笑)。基本は、収穫後陰干しして糖分を凝縮。収穫のタイミングや陰干し期間の規定はありません。生産者によっては樹上で完全に干からびるまで待つ強者もあり(笑)。
右側と真ん中のものは陰干ししたもの。左側は樹上で干からびるまで待ったもの(笑)。価格に反映されますね(笑)。
いずれもマスキューの大定番としては皆様ご存知のものですが、何故並べたかと申しますと、価格が下がりました!
右側のカーサ・ヴィニロニアのアパッシメントは1527円→1388円税込。真ん中の
パッソ・デル・スッドは1758円→1527円税込!コスト・パフォーマンスがさらに高くなりました(笑)!
そんな訳での大セールでございます(笑)。
あれ、『モンテ・デイ・コッチ』は値段下がらないの?(鋭い!)
はい。下がりません(笑)!
これは数がとても少ないので、変わらずと言うことでお許しを!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

シノン クロ・ド・レコー 1990年 クーリー・デュテイユ

Apr 11, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
これ、なーんだ?
シノン クロ・ド・レコー 1990年 クーリー・デュテイユ

null

マスキューの扱っているものは2001年。以前試飲会で紹介してご好評いただきました。20年近く経っているのに若々しい生命力には驚かされました。一体いつまでも持つの(笑)?これは1990年。なんと、30年近く前のヴィンテージです。
私も家内もクロ・ド・レコーの古いものは飲んだことありません。ロワールの星付きレストランの定番のワインなのですが、レストランではきっとセラーから古いヴィンテージのものをシズシズ出して、『これこそ当店のロワール料理にピッタリ!この経験をしなくてはロワール料理を知ったことにならない!』なんて勿体つけて飲ませるはず(笑)。
今回たまたま見つけたので、速攻発注!
もちろん飲むためです(笑)。在庫のクロ・ド・レコー2001年をあと10年待つのも良いのですが、私と家内はあと10年待てません(笑)。だって私あと10年したら70歳。死んでるかも?アルコールはもう飲めなくなってるかも?冗談じゃない!
見つけたからには飲んでやる!
という訳でございます(笑)。
ラッキー!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

EUの関税撤廃の恩恵ないのかな?ありました!

Mar 20, 2019 by weblogland |
EUの関税撤廃の恩恵ないのかな?

皆さんそう思いますよね。

インポーターさんに聞くと、運賃の高騰を吸収したり収益の悪化のために、そのまま価格に反映するのが難しいとか。あと、変な話ですが、関税をフリーにするための手続きがとても煩雑であまりに時間がかかるとか。在庫を持っているインポーターさんもあるでしょうしすぐには価格に反映しにくいのでしょうね。

でもですね、ありました!

null

マスキューの大定番のハイ・コスト・パフォーマンス・ワイン スペインのモラゴン 2017年 ボデガス・カスターニョです。

いままで925円税込みで販売していましたが、4月1日より849円税込みとなりますす値下げで皆さんに大アピールします(笑)。試飲会でも使いましょうか(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

サンジョヴェーゼ、サンジョヴェーゼ、サンジョヴェーゼなのです

Mar 13, 2019 by weblogland |
今、マスキューのカウンターの上はこうなってます(笑)。サンジョヴェーゼ、サンジョヴェーゼ、サンジョヴェーゼなのです(笑)。

null

やはり春先暖かくなるとサンジョヴェーゼを飲みたくなりませんか?コテコテのサンジョヴェーゼではなく、春を予感させるような、ちょっと暖かみがあって抵抗なく飲めるもの。無意識に飲んで、『
あっ、サンジョヴェーゼかな?』って思うくらいのものが良い(笑)。
並んでいるのは左から

サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ リゼルヴァ 2014年 グリフォン 1157円税込み

サンジョヴェーゼ  デル  ウンブリア 2017年 1388円税込み

キャンティ・クラシッコ2015年 レ・コルティ 2268円税込み

キャンティー クワトロディチェージモ・セーコロ2017年 1250円税込み

なかなか良いですよ(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・デ・コート・ド・ラ・モリエールのモルゴン2013年

Mar 13, 2019 by weblogland |
あーあ。怒られちゃった(笑)。
じつは私の愛するドメーヌ・デ・コート・ド・ラ・モリエールのモルゴン2013年が無くなりそう。これはまずい。と言うわけでインポーターさんに在庫の問い合わせ。

私「モリエールのモルゴンまだありますか?」

インポーターさん「まだちょっとありますよ(笑)。」

ここで勘が働く(笑)。

私「まあ、沢山売れるワインじゃないけど次回輸入の予定はどうなんですか?」

インポーターさん「そうなんですよ。とても良いワインなんですが、動きが鈍いので再輸入するかどうか解りません。」

う~ん。やっぱり!

えーい。この際取っておこう。1ケースはちょっと重荷だし、マスキューの財務相に怒られるのは必至(笑)。黙ってましたが、今日めでたく荷物は届きました。

null

当然お説教の嵐はまだ続いています(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

サン・テミリオンのトップ10の末席くらいの価値はあると、私が勝手に評価しているワインです

Mar 08, 2019 by weblogland |
あー!
あったぁ(笑)。

null

じつはさっきセラーの在庫を確認していたらシャトー・ヴァラッド2010年が5本ありました(笑)。サン・テミリオンのトップ10の末席くらいの価値はあると、私が勝手に評価しているワインです(笑)。
現行は2012年。とても良い作柄の2010年が無くなり寂しかったのですが、セラーの奥に隠してありました。隠したのを忘れてました(笑)。あまりに良かったからこっそりとっておいたワインです(笑)。私は犬か?それとも痴呆か?でもですね、嬉しい(笑)。
近々ご紹介しますから楽しみにしいてくださいね(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

のドメーヌ・サント・ジャクリーヌが秘蔵するリヴサルド

Mar 03, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
久しぶりの再入荷、新入荷です。
南フランス ルーションのドメーヌ・サント・ジャクリーヌが秘蔵するリヴサルドのバック・ヴィンテージです!
今回は1959、1974、1978、1989年。

null

在庫が切れていてずっと寂しかった(笑)。
特に1959年は私の生まれ年ですから、これがセラーに無いとアイデンティティーに関わる(笑)。再入荷してほっとしました。とは言え前後の1958年や1960年は探しても見当たらない。かなりのお客様からリクエストされていますから欲しいところなのですが…。
『自分のヴィンテージだけでイイと思ってるのか!』
お叱りごもっともでございます。絶対に
探します!あるかな?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

サンプルのドルチェットが届きました!

Mar 02, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
サンプルのドルチェットが届きました!

null

ドルチェット・ディ・ディアーノ・ダルバDOCGの初お目見えです(笑)。
生産者はバローロの有力者カーサ・ヴェッキア。
このDOCGはバローロに隣り合うディアーノ・ダルバ村のドルチェットとのこと。いわゆるネッビオーロ→バルベーラ→ドルチェットを段階的にバローロの中で植えているのとは違うようです。
お値段はちょっと高めですが楽しみです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

どうやらドルチェットは評価されるトレンドのようです

Mar 01, 2019 by weblogland |
う~ん。
どうやらドルチェットは評価されるトレンドのようです。
1月のマスキュー試飲会で好評いただいた
イタリア ピエモンテのDOCワイン『ネイール』2007年。2008年からDOCGに昇格しました。ファンは溜飲をさげたことと思います(笑)。
「ネッビオーロばかりが良い訳じゃない!」
「ネイール飲むとバローロに固執するのは間違いかもしれない。」
等々、私としては嬉しい限りでございます(笑)。
ところでオヴァーダ以外にDOCGに昇格したドルチェットはないか?おっとり刀で調べると、ありました!
ピエモンテのバローロの外れにあるドルチェット・ディ・ディアーノ・ダルバまたはディアーノ・ダルバ 2010年4月昇格。
多分明日サンプルが届きます(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

昇格していました

Feb 28, 2019 by weblogland |
う~ん。
知らなかった!
勉強不足ですね。
実は1月のマスキュー試飲会で好評いただいたイタリア ピエモンテの赤、ネイール2007年 ロ・ゼルボーネなんですが(ドルチェット・ディ・オヴァダ・スペリオーレD.O.C.)、2008年9月からドルチェット・ディ・オヴァーダ・スーペリオーレまたはオヴァーダD.O.C.G.に昇格していました(笑)。

null
null

たしか2008年から駆け込みのDOCG昇格があり2012年までになんと37も一気に昇格(笑)。それ以前のDOCGが36でしたから
総数が73。なんと倍以上。覚えられないのもしょうがない(笑)。
マーケティングや市場拡大の起爆剤としか思えませんが(笑)、生産者の奮起によるものでもありますから、新しいDOCGを真面目に勉強しなくちゃ!
今『ネイール』2007年の写真を撮りながら気がついたのですが、DOCGワインに貼られているようなシールが貼ってある?
よく見ると表記はDOC。このワインはヴィンテージは2007年ですが、リリースは昇格後ですからそこら辺が影響したのかな?品質に変わりなく造っているとアピールしてるのかな?一応政府認定の機関発行のシールみたいなんですけど、DOCGに貼られているものとはちょっと違う。
謎です(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

クエルチア・ディ・アニバーレ・ビアンコ・バジリカータ 2018年 テヌータ・タウリア

Feb 23, 2019 by weblogland |
さあ、今日は試飲会。今グラス洗いも一段落。ちょっと一服(笑)。
あっ!そうだ!
あれが再入荷しました。

クエルチア・ディ・アニバーレ・ビアンコ・バジリカータ 2018年 テヌータ・タウリア

null

南イタリア バジリカータで造られる一風変わった白。発酵が完全に終わる前に
瓶詰め。なんでも、自分達が飲むために造った白ワインとか。今回は出来立ての2018年が50ケースだけ日本に届きました(笑)。安納芋のような甘味とふっくらしたフルーティーな広がりは彼の地の風景を連想させてくれます。プリミティブに美味しいワインなのです。以前初入荷し試飲会で飲んでいただいた際、あっさり完売。お見逃しなく!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

よーやく再入荷 ヴェルドゥッツォ フリザンテ N.V. レ・コンテッセ 微発泡

Feb 18, 2019 by weblogland |
あー、良かったぁ。
ようやく再入荷しました!
ヴェルドゥッツォ フリザンテ N.V. レ・コンテッセ 微発泡 白 I.G.T.
去年のマスキュー試飲会で大好評(笑)。そのまま定番に定着。

null

旨味があって優しくて飲むと癒される泡です。スクリュー・キャップですから泡もちも良く、我が家では常に冷蔵庫に入れてあります(笑)。ただ、残念なことに暮れに売り切れ、ようやく再入荷となりました。大人のファンが多く、「飲み疲れたらコレを飲む!」「ビール代わりだね(笑)」なんてリピートされるプロ(笑)の方、お待たせいたしました!

よーやく再入荷しました!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

パワフルになってます。全体の密度感が増していますーグラン・キュヴェ・ブリュット N.V.ケットマイアー

Feb 16, 2019 by weblogland |
グラン・キュヴェ・ブリュット N.V.ケットマイアーを昨日飲みました。
う~ん。
旨い!

null

以前飲んだものとは違いますね(笑)。
よりパワフルになってます。全体の密度感が増しています。
抜栓直後の立ち上る香りはクリーミー。しっかり熟成した物にだけ出る香りです。タンク内二次発酵したスパークリング
でこれ程濃密な味わいの物は初体験(笑)。もちろん原料ワイン・葡萄の良さが大前提ですから、贅沢過ぎる出来栄え!
以前のメイクは爽やかさとピノ・ビアンコ独特の旨味のハーモニーが身上のスパークリング。これはその枠を越えた高級な味わい。若干甘く感じますが、それは残糖分ではなく、甘く感じる酸の性だと思います。
シャルマ方式の技術的な進歩と、原料を調達した畑が定まり質が向上したとしか考えられません。

バック・ラベルを良くみるとアルト・アディジェ-シュッドチロルとあります。ケットマイアーはこだわりのキュヴェにはシュッドチロルを付け加えます。単にアルト・アディジェだけで事足りますが、このシュッドチロルを付けることが大きなこだわりのようです(笑)。ケットマイアーの看板ブランド マゾ・ライナー・シリーズのワインでは表ラベルにアルト・アディジェ-シュッドチロルと表記されます。これは控えめにバック・ラベルに付け加えています(笑)。何かが良い方向に変わったようですね(笑)。

モンブラン食べながらこれ飲んだら堪らない(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

特設棚はこんな感じ グラン・キュヴェ・ブリュット N.V.ケットマイアー

Feb 12, 2019 by weblogland |
マスキューの特設棚はこんな感じ(笑)。
先日お知らせした北イタリア アルト・アディジェのケットマイアーのスパークリング グラン・キュヴェ が鎮座してます!
昔と比べたらちょっと高いかなぁ?
でも今の上代が2,808円税込み マスキューが普通に売るならば2,400円税込みぐらいになりますから、1,980円税込みでしたら相対的に安いかな?

null

う~ん。
ピノ・ビアンコの圧倒的な旨味の圧力からすると、2,000円を切るくらいなら許してあげましょう(笑)。同じようなカテゴリーの中でも突出しているはず!
数量限定ですからお見逃しなく!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

グラン・キュヴェ・ブリュット N.V.ケットマイアー

Feb 09, 2019 by weblogland |
久ーしぶりに再入荷しました!

グラン・キュヴェ・ブリュット N.V.ケットマイアー です。


null

これ、旨味と切れがあってとても美味しいスパークリングです。まあ、名手ケットマイアーが造るものですから当然と言えば当然かな(笑)。
以前はかなりお安くご提供出来たのですが、今や2,000円代後半。ちょっと手が出しにくくなったので扱いを辞めておりました。
でもですね(笑)、今回特別価格にて数量限定販売いたします!
もちろんインポーターさんのスポット。そして微力ながらもマスキューの大英断(笑)。この2月から関税の撤廃があり大手がこぞってセールしておりますが、弱小のマスキューは無理(笑)。関税撤廃の恩恵はまだありません。
う~ん。
それは悔しい!
そこでケチなマスキューらしく、お買い得の泡をちびっと大セールとなりました(笑)。
お見逃しなく!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

こんなサンプル取り寄せました(笑)。

Feb 09, 2019 by weblogland |
こんなサンプル取り寄せました(笑)。

null

写真向かって左の2本はイタリア カラブリアの生産者オドアルディのもの。所有畑も広く270ヘクタール!面白いのが標高が高い。最高600mとか。レディ・ガッフィの産みの親ステファノ・キオチョリが関わっているそうな(笑)。昔ここのサブートを試飲したおり好印象。期待出来そうです(笑)。
右の2本はプーリアを地盤としたテヌート・ジローラモの赤。担当者お薦めのネグロ・アマーロとサイレントのプリミィティーヴォ。ちなみにプリミィティーヴォは高級品です(笑)。
楽しみだなぁ(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

やはり無いと寂しい!

Feb 06, 2019 by weblogland |
う~ん。
やはり無いと寂しい!

シュタインベルガー リースリング シュペートレーゼ  2017年 クロスター・エーパーバッハ

ピースポーター ゴールドトリュプヒェン リースリング S.P.T.2017年 トリアー慈善連合

null

去年の暮れに入荷しましたが、すぐ無くなってしまいました。もちろん、今時こんなクラシックなドイツ・ワインを求める方は私同様クラシック(笑)。

たまーに飲みたくなると衝動が押さえられない(笑)。ですから今回は自分で飲む用は先に取っておきました(笑)。

ズルいとは思わないでくださいね(笑)。残念ながらあまり売れませんから多数在庫出来ません。こうでもしないと飲みそこなう(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

変なラベルのワイン

Feb 04, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。
こんな変なラベルのワインを取り寄せちゃいました(笑)。もちろん試飲するため。

null

イタリア、トスカーナのサンジョヴェーゼの赤ワイン。アンフォラで熟成させたもの。もちろんビオ、ビオ唄ってます。
この点あまり気に入りませんが(笑)、ラベル・デザインに惹かれました(笑)。なんたって蛇が可愛い(笑)。イタリアだと蛇は多産や豊穣のイメージとか。決してネガティブではないようです。間の抜けた蛇の顔、赤い体の鱗は銘柄名のTUTTOをデザイン化。これが妙に可愛い(笑)。
家内が一度飲んで是非とももう一度味を確認したいと言うことで取り寄せました。ちょっと期待しておりまする(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

小技がきいてます(笑)。

Jan 31, 2019 by weblogland |
先月のマスキュー試飲会で鮮烈デビューをしたルージュ・ブルーのミストラル2015年。フィネスのある美しいワインでしたね(笑)。
ラベルの絵なんですが強風(ミストラル)の中ブドウ畑を人が歩いているのを描いています。人物が女性だか男性だかよく解りません。どっちかな?ひるがえるコートの裾に小さく何か書いてあります。言われなければわからないほど(笑)。

null

よーく見ると『キャロライン・ジョーンズ』とあります。醸造担当のキャロラインさんの名前です。そうすると歩いている人物は彼女(笑)!ご本人でした(笑)。
あと、ホームページやインポーターさんの資料ではオーナーで栽培担当のトーマ・ベルトラン氏とキャロラインさんが幼子と3人で仲睦まじく写真に写っています。でも名字が違うからご夫婦なのかしら?じじいの詮索は続く(笑)。たまたま昨日インポーターさんが来たので聞くと「ご夫婦ですよ(笑)。」なるほど!そんなこと詮索する方が野暮でおかしいことなんですね(笑)。
反省!反省!
ワインが美味しければ良いだけの話、余計なお世話ですものね(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ラヴィのピノ・ノワール美味しかった

Jan 30, 2019 by weblogland |
う~、寒いですね。
ストーブを抱えながらブログを書いてます(笑)。こんなとき考えるのは、今晩何飲もうかな?

null

そうそう。昨日飲んだラヴィのピノ・ノワール美味しかった(笑)。『ワイン王国』で旨安大賞をとったと聞きましたので、たまには飲んで確認(笑)。
広がりがあり美しい(笑)。もちろん旨味たっぷり。今月の試飲会で好評いただいたブドウレアスカのピノ・ノワールと共通するものがありますね。強さ大きさはブドウレアスカ。果実味の透明感はラヴィかな(笑)。
う~ん。
お財布にも、心にも優しいルーマニアのピノ・ノワール万歳!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ブドウレアスカのピノ・ノワールを飲みました

Jan 29, 2019 by weblogland |
昨日、一昨日とブドウレアスカのピノ・ノワールを飲みました(笑)。もちろん試飲会の残りです(笑)。

null

美味しいですね。開けたては若干樽香が気になりますが、時間を経ると果実味が増しバランスが良くなる。果実味のディテイルも黒っぽさが赤いものに変わり、溌剌とした印象になります。さらに液温が上がると旨味が増し涎がジュワっと(笑)…。
う~ん。
本場のブルゴーニュでもなかなか無いレベルですね(笑)。『掴みはオッケー』スタイルじゃありませんから、ちょっと解りにくい。でもポテンシャルは高し(笑)!
試飲会で開けたてを飲んだ後に前日開けた残りを比べていただくと、このワインの良さが伝わったようです。迷わずご購入いただけました。ありがとうございました!
ところで今月はかなり寒いのでワインの供出温度に気を使いました。でも難しいですね(笑)。エアコンが効いて店内が暖まり、ワインの液温が上がるまで時間がかかる(笑)。液温が思った温度に上がるとワインが無くなり新しく開ける。でも液温が低い(笑)。冷やす時は簡単に氷水にボトルごと浸けちゃいますが、逆に燗する訳にいきません(笑)。液温を上げることは以外と難儀。そう言えば寒いシュ・ド・ウエストでは暖炉の前にワインを立てて暖めてたが、それをするにはなかなか勇気が湧かない(笑)。繊細さが失われるような気がするんですよね。日本でワインを売ることを生業としてると、妙な思い込みをしちゃうんですかね(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

桝久 試飲会リポート 前半 201901

Jan 28, 2019 by weblogland |
昨日、一昨日とてもお寒い中、ご来店ありがとうございました!

〇オリヴェート クラッシコ 『トッリチェラ』 2016年 ビジ イタリア ウンブリア 白D.O.C. 750ml 1574円税込み

私「これは先月の試飲会でお試しいただいたワインの上級品です。言わば兄貴分かな(笑)。」
「あのワイン美味しかったよね。あの兄貴ね(笑)。」
「おっ!兄貴イイね(笑)!」
「う~ん。確かに旨い!飲みやすいね。」
家内「まだワインの温度が低いので開いていませんが、もう少し温度が上がるととても良くなります。グラスを手で暖めると印象が変わりますよ(笑)。」
皆でグラスを暖める(笑)。
「おっ!ふっくら感が増しますね。」
「ワインに粘りがとてもあるんですね。」
「糖分じゃない甘さがイイ(笑)。ハニーな余韻もイイね(笑)。高級ワインだよこれ。」
「後味にほろ苦さ。嫌味じゃないけど?」
家内「遅く収穫するとアーモンドみたいなニュアンスが出ます。」
「温暖な産地のワインに有りがちな癖かな(笑)?」
「美味しい。美味しさが増した!何で?」
私「冷えすぎると舌が感じない部分が多いワインだからです。逆に冷やさないとダメなワインもあります。」
「じっくりこれだけで楽しめる白ワインだよね(笑)。」
「何も食べなくてもイイかな(笑)。」
「いかにも高級なんだけど、安い(笑)。」
「先月飲んだ弟(笑)と比べると、よりふっくらしてるし、よりトロピカルで複雑ですよね。」
家内「ほとんど同じセパージュなのが不思議なくらい違いますよね。」
「弟はいかにもシンプルなイタリア・ワイン。グレープフルーツやレモンがハニーさと上手く溶け込んでますよね。これはそれに違うものを加えたような感じ。弟よりも高級な味わいですよね。」
「値段以上に高級な感じがしますよ(笑)。」
「最後にほろ苦さがありますよね。たしか弟もこのほろ苦さがありましたよね。この点共通なのかな?」
私「さすが!左様かと(笑)。」
「これはマンゴーみたいな香りもしますよ(笑)。トロピカルだよね。」
私「もっと時間が経つと香木やサンザシの赤いニュアンスが出ます。香りの幅がとても広いです。白、黄、赤(笑)。」
「小粒の赤い果実ですよね(笑)。」
「マスキュウさん、ヴィオニエっぽい青臭さがありますよね。」
私「さすが!そーなんですよね。ひょっとしたら生木の樽に少しの間くぐらせたかもしれません。聞いたのですが解りませんでした(笑)。木樽は一切使っていないと断言してました。生産者が来たら直接聞いてみますね。」
家内「いわゆる木樽熟成したニュアンス
スモーキーな感じはしませんよね。」
私「セパージュにほとんど違いはありませんし、畑の違いでもなさそうなので、何か秘密があるとしか思えません(笑)。」


●サンジョヴェーゼ  デル  ウンブリア 2017年 ビジ イタリア ウンブリア 赤 I.G.T.750ml 1388円税込み

私「これは同じ生産者ビジが造るサンジョヴェーゼ100%の赤ワインです。」
「と言うことは妹(笑)?」
「おっ、いかにもサンジョヴェーゼですね
(笑)。同じくらいのランクのキャンティなんかと比べると、肉付きが良いですね。」
家内「サンジョヴェーゼらしいオレンジっぽい酸っぱさが好きなんですよね(笑)。」
私「これも時間が経って液温が上がると
もっともふくよかな感じになります。」
「陽光 明るさがあるよね(笑)。健康的でイイね(笑)。」
「ピュア、濃いジュースみたいで飲みやすい(笑)。女子の好物ですよ(笑)!」
家内「木樽は使わず、ステンレス・タンクだけで醸造、熟成しています。あと、濁りのない味わいは撰果の良さ・厳密さの証だと思います。」
「サンジョヴェーゼって南イタリア以外で広く栽培される品種だけど、産地によって微妙に顔が違いますよね。その差も楽しめるからイイですよね(笑)。私サンジョヴェーゼ好きだな(笑)。」
「サンジョヴェーゼってわりと、こうでなきゃダメっていう幅が広い品種ですね。」
「イタリア・ワインを楽しむって、それを楽しめるか?ってことでもありますよね(笑)。」
私「言われてみると、フランス・ワインって、わりとこうでなきゃダメみたいなところはありますよね。特に私のような原理主義者は(笑)。」
「イタリア・ワインって美味しきゃ何でもイイみたいなアバウトなところある(笑)。更に安ければもっとイイ(笑)。」
「多様性なんだろうな。もっとも品種の多さは突出してるしね(笑)。」
家内「サンジョヴェーゼ原理主義の私といたしましても同感です(笑)。」
「弟も妹も楽しめて良いですよね。このくらいのワインがレストランで出れば文句は出ないですよね(笑)。」
私「はい。実は一度レストランのメニューに載るとビジのワインはずっとオン・リストされたままになります。レストランとしても間違いのないアイテムとして使われ続けるようです。」
家内「ウンブリアのワイナリーの中でもビジ社は早い段階から世界を市場としています。デイリーな価格帯で確固とした地位を築いています。量も造る訳ですから、品質管理が効率的で上手いと言えます(笑)。」


●ヴァイン・イン・フレーム ピノ・ノワール 2016年 ヴィル・ブドゥレアスカ ルーマニア デアル・マレD.O.G. 赤 750ml  1388円税込み
「マスキューさん、他にもルーマニアのピノ・ノアール扱ってましたよね?」
私「はい。この産地の近くのラヴィ・ピノ・ノアールです。」
「あれ安くて旨いんだよね(笑)。値段はこっちの方が少し高いようだから期待しちゃうな(笑)。」
私「蛇足ですがラヴィ・ピノ・ノワールが今月の『ワイン王国』で旨安大賞とりましたよ(笑)。」
「おー!マスキューさん狂いなかったね(笑)。」
私「ありがとうございます(笑)。皆さんも同じです。試飲会のトップセラーでしたからね(笑)。」
家内「これはラヴィより濃いランクのワインかと。」
「色は薄いですね。いかにもピノ・ノワール(笑)。暗い感じですよね。」
「最近有りがちな色の濃い真っ黒なピノ・ノワールじゃないね(笑)。わりと熟成してるような色合いですけど、ヴィンテージは?」
家内「え~と。2016年です。」
「色は落ち着いてるけど、パワーあるね(笑)。」
「おっ、ピノ・ノワールらしい味。木樽熟成もしてる(笑)。」
「うん。ピノ・ノワール(笑)!」
「こんなに安いピノ・ノワールあるんですね。」
家内「これも液温が低すぎますので、グラスを暖めると印象がアップします(笑)。」
「どれどれ、おっ!旨味の量が凄い!かなりしっかりしてる。安いブルゴーニュのピノ・ノワールより良いよ、これ(笑)。」
私「ちゃんとフリーランだけで造ったワインかと。」
「極上とは言えないんだろうけど(笑)、ブルゴーニュのピノ・ノワールにも有りそうな味のピノ・ノワール(笑)。少なくとも1000円は安い(笑)。」
私「樽のニュアンスとの折り合いが今一つ
なのですが、旨味と力があり、まだ本調子ではないような気がするんですよね。
開けてから丸一日経つと赤いアセロラみたいな弾ける果実味が出ます。」
「マスキューさん、ルーマニアのピノ・ノアールでもっと高いランクのワインって凄そうですけど(笑)、経験されましたか?」
家内「もう少し高いランクのピノ・ノアールを幾つか飲みました。確かに凄いのですが、売るのに難しい(笑)。商品として簡単には売れないとでも言いましょうか(笑)。」
私「この価格帯のピノ・ノアールでここまで出来るようになりましたから、もう少し時間をかければもっと凄いワインが出来ると思います。」
「う~ん。ニューワールドで造るより良いピノ・ノアールが出来るような気がするよね(笑)。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マスキューの両輪

Jan 22, 2019 by weblogland |
マスキューの販売作戦の両輪は、私の書くブログと家内の書くダイレクトメールです(笑)。
試飲会の日程が詰まったりして私の「試飲会ラインナップ決まりました!」の発表を急ぐ場合には家内のダイレクトメールをパクったりしますが(笑)、基本的には独自に勝手に書いています。テイスティングは一緒にしますが、書く文章はそれぞれ別。まあ、後でお互いに確認はしますが、だいたい後の祭り(笑)。

私「今回は『ミストラル』 2015年 ドメーヌ・ルージュ・ブルー フランス コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュA.C. 赤 750ml 2730円税込み が毛並みがちょっと違うよね。」
家内「うんうん。ミストラル好きだな(笑)。
ローヌでもあまり無いスタイルだよね。」
私「一番近いのはシルヴィエンヌかな?
ところでミストラルって『フィネスのあるワイン』ってブログには書いたんだけど、どう思う?」
家内「私もそう書いたよ!また、パクったな(笑)!」
私「めっそうもございません(笑)!オリジナル オリジナル。まあ、感想が似てくるのも仕方ない。」
家内「なんか腑に落ちないなぁ?」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

『取っておいて!』は反則ではありません

Jan 20, 2019 by weblogland |
う~ん。

参りました(笑)。

今、特売品としてマスキューのカウンターに並んでいる『サン・ヴィザージュ』2014年 ドメーヌ・フランソワ・メリオーなんですが、皆さんご存知のようで(笑)、

「マスキューさん、今度の試飲会の時もらいますから取っておいてくださいね!」

攻撃の前に在庫は風前の灯火。瓶に『ご予約』の紙が貼られています。

無くなる前に『取っておいて!』は反則ではありませんので(笑)、お申し付けくださいね。

null

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

そうそう。これも再入荷しました!

Jan 18, 2019 by weblogland |
そうそう。これも再入荷しました!

シノン クロ・ド・レコー 2001年 クーリー・デュテイユ

null

これはまさかまさかの再入荷(笑)。
もう無いものと諦めてました(笑)。リストに見つけて、速攻発注しちゃいました。
もちろんスポット入荷ですから、こちらもお見逃しなく!
まめにインポーターさんのワインリストを見なきゃダメですね(笑)。
年明けそうそう良いことがありました!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カプレンガ2013年来ました!

Jan 18, 2019 by weblogland |
カプレンガ2013年来ました!

null

12月のマスキュー試飲会で一気に完売したカプレンガが再入荷しました。試飲会のものと同じメイクの最終入荷。もう2015年が来ているそうですが、ちょっと価格が上がるとか。まあ、2ダースだけですが買いそびれた方、ファンの方はお見逃しなく!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

嬉し、悲しの最終特売大セール(笑)

Jan 16, 2019 by weblogland |
今、マスキューのカウンターの上には
サン・ヴィザージュ』2014年 ドメーヌ・フランソワ・メリオー が並んでいます。

null

嬉し、悲しの最終特売大セール(笑)。
輸入終了に伴う最後っぺ(失礼)。
質感がありコットらしい大きさもある。とても良いワインなんですから、かえすがえす残念!でもこのワインが1712円だったら嬉しい(笑)。
もう12本くらいしかありませんから、早速今晩飲もうかな(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・フランソワ・メリオー がもうあとわずかとなりました

Jan 12, 2019 by weblogland |
去年より大好評特売品の『ル・ポア・ジャック』2016年 ドメーヌ・フランソワ・メリオー がもうあとわずかとなりました。とっても良いワインなので出来る限り続けたかったのですが、もうインポーターさんの在庫も無いようなので仕方ありません。

null

私「メリオーのワインはピノ・ノワールとソーヴィニヨン・ブランだけ残して他はもう止めるんですよね。」
インポーターさん「はい。残念ながら…。」
私「愛するラリアンスとサン・ヴィサージュ、ル・ボア・ジャックはもう無いんですね。残念!」
インポーターさん「ちょっと待ってくださいね。え~と。コンピューターを見ると、サン・ヴィサージュ2014年があと10本ほど残ってます!」
私「じゃあ、それもらってもイイですか?
出来ましたら特売価格で(笑)…。お願いいたします!」
インポーターさんにイヤと言わせぬタイミングで残りの10本をゲット!
そんな訳で『サン・ヴィザージュ』2014年 ドメーヌ・フランソワ・メリオー 2268円税込みのところ、なっ、なんと
1712円税込みにての大特価セールとなります!
数に限りがありますから、早い者勝ちとなります!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レゼルバ アルティーガ・フステル 1999年

Jan 12, 2019 by weblogland |
ふふふ(笑)。

今年も来ました!

null

エルミータ・デ・サン・ロレンソ グラン・レゼルバ アルティーガ・フステル 1999年

去年は同じようなメイクの1998年。毎年収穫年から20年経ったワインをリリースしてくれます(笑)。どれだけストックしてるんでしょう(笑)?嬉しい限りでございます(笑)。

今、巷で見受けられるスペイン・ワインは果実味が濃く甘いスタイルが主流。いわゆるアメリカ・ナイズしたもの(笑)。確かに飲みやすくワイン自体のインパクトはあるのですが、ちょっと飽きる(笑)。ニュー・ワールドのワインとあまり変わらないんですよね(笑)。

昔ながらの枯れたスペイン・ワインをたまには飲みたい!

こんな衝動に駈られる我々としては貴重なワインなのです(笑)。

あー、良かった(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ
ページ移動 1,2, ... ,34,35 次へ Page 1 of 35