前月   April 2019   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:


 ←ここをクリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。
 ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

湯葉豆腐はシャンパンで

Aug 01, 2008 by toshiaki |
null
いやー美味しかったです。
湯葉豆腐です。
昨日家内が近所のスーパーで買ってきました。
ですから、そんなに高いものじゃないとおもうのですが(笑)。
形が太いウインナー状で外見は、まるでクリームチーズです。
濃厚で上品な味わいは乳製品とは、かなり似てちょっと非なるものです。
ですから、ワインには合うこと請け合いなしです。
どんなワインがいいでしょう?

真っ先に頭に浮かんだのが、シャンパンです。
それもシャルドネからつくられたブラン・ドゥ・ブランは、確実にハマるに違いないですね。
シャンパンだったら湯葉三昧でずっと通してもいいかも。
これ絶対やってみたいです!
ヘルシーで、もたれないでしょうから、たっぷり堪能出来そうです。
シャンパンもヴィンテージ・シャンパンなどの高価なものでなく、ノンヴィンテージのはっきりとしたもので十分楽しめそうですね。
例えばピエール・ジモネなんか最適ですね。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

やっぱり旨かった!

Jul 25, 2008 by toshiaki |
何だって?

うなぎの蒲焼きとエルマセットですよ。

ザラメを溶かした醤油ダレには抜群の相性ですね。
国産天然うなぎの豊潤な脂とタレとエルマセットの取り合わせは、まさに極楽?
ウマさのあまり思わず手を合わせてしまいました(笑)。
ありがたや、ありがたや。
ただ冷静に考えたのですが、普段では有り難いウマさということですからこのウマさとの出合いは稀だからこそ成立つ訳です。
毎日のように食べてたら旨さが麻痺しますね。
それこそ不幸です。

たまの贅沢だからこそ、本当の旨さがわかるんでしょうね。

「足るをしる。」大事なことですね。

でも旨かった(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ミートソースと冷えたボジョレーヌーボー美味しかった

Jul 22, 2008 by toshiaki |
ミートソースと冷えたボジョレーヌーボー美味しかったです。

カンソン社のボジョレー2007年はいい出来ですね。
酸味と甘みのバランスがとてもいいです。
トマトの酸味とこのワインの酸味はとても合いますね。

ボジョレー地方は2007年はさほど注目されるヴィンテージではないですが、いいつくり手が、ちゃんとつくったワインは、とてもエレガントです。
ガメイ種独特の癖よりも、本来もつベリー系の果実味がこの上なくクリアに現われています。
頭初感じられた線の細さが、気にならない程です。
この夏、我が家では重宝なワインとなってます。

10度位に冷やしてもいけます。(ちょっと冷やし足りないビール位ですね。)

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

私、好きなんです。

Jul 10, 2008 by toshiaki |
null
たまに無性に食べたくなるんです。
ベーコンです。
フライパンでゆっくりカリカリに焼いたやつです。
もちろん塩、胡椒もなにもかけずにたべます。

このベーコンにはやっぱりビールが一番相性がいいです。
夏場の、暑いくて体の塩分が足りなくなった時はビールとベーコンの組み合わせは最強です。

ワインは体が落ち着いてから飲みました。
今が旬の脂がのっている鯵は、美味しかったです。夏になるのにつれて、大きさが増し、脂も増します。
合わせたワインはシャルドネ・ジャルダンです。ジャン・バルモン社がやっているロワールのヴァン・ド・ペイです。
もともとマリネと最強の相性がありますから、脂ののった青魚とは相性がいいのです。

美味しい!

春先の鯵でしたらミュスカデが最高の相性なのですが、この時期の鯵でしたらこのシャルドネがベストです。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・バサックのシラーはカレーライスに合いそう

Jun 27, 2008 by toshiaki |
null
昨日、一昨日と ドメーヌ・バサックのシラー2006年を飲みました。
南のワインですから、もともと酸は少なくなりがちなんですが。
崩れそうで崩れない芯があります。
割に隠れた酸があるのと、アルコール分とエキス分が豊かなところでバランスをとっているんですね。
香りは基本的に控え目ですが、味に深みがあるところがいいですね。

まじめに造った南のワインですね。
あざとさがないのが、いいですね。

このワインだったらカレーライス食べながらでも合いそうです。
趣向をかえて麻婆豆腐でもいいかも?
割に食べ物に幅広く合いそうですね。
ポイントは辛さとスパイシーさですね。
こういった系列の料理には、だいたいいけそうです。

重宝なワインです。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カレーをパンにつけて食べながらボジョレーヌーボーのんだら、旨い旨い

Jun 05, 2008 by toshiaki |
昨日の晩ご飯何食べたか忘れることがあるのに、のんだワインは忘れない私は変でしょうか?

そうそう、昨日はボジョレーヌーボーを冷やして飲んだのです。
食べたものは「えーと、えーと」「そうだ!」牛肉の炒めものでした。
それと、カレーでした。たしか家内が一昨日造った残りがちょっとありました。

そのカレーをパンにつけて食べながらボジョレーヌーボーのんだら、旨い旨い。
ポイントは冷えたカレーにあります。
おそらく温めたカレーライスでは、ボジョレーヌーボーが負けてしまうような気がします。
冷えた赤ワインでもタンニンが少ない上、甘みがありますから合いますね。
そうするとカレーパンに合うはずです!

今度試してみます。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

私大好きなんです。3

May 21, 2008 by toshiaki |
コーヒーなんですが、ついつい飲んでしまいます。まあ1日2、3杯なんですが、普段はなにも入れずにいわゆるブラックで飲みます。
でも、それは砂糖を入れるとおかわりする気がなくなるからです。もちろんコーヒーそのものの味を楽しんでいるつもりであるんですが、今、はじめてコーヒーを飲んだ時のことを思いだしました。

たしか砂糖をコーヒースプーン3杯入れて飲んだ気がします。
あれは中学生になったばかりのことでしたか?
たしか鶴見にある喫茶店でしたか?

コーヒーに砂糖をいれないと飲めないと言うよりも、砂糖が入ることでとても美味しい味だったことが印象に残っています。
コーヒーは砂糖と合うんです。あたりまえのことかもしれませんが、コーヒーがより美味しくなるから砂糖を入れるのです。

ですからワインの味わいにあるコーヒーの香りは ワインに含まれているグリセリンなどの甘みと相性が良く、ワイン自体に深みを与えてくれます。
比較的濃いタイプの南フランススペインワインの基本的な特徴となっています。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

味が濃い

May 19, 2008 by akiko |
ソムリエ協会発行冊子の 記事の中に 気になる発言を発見。
「寿司のように 味の濃い」料理。
これは アルザスのワイン生産者が アルザスワインと日本の料理のマリアージュを 説明するという記事の中の発言なのですが、なんだか すごく驚いちゃって。

多分 日本人は 寿司を 味が濃いとは 考えないと思います。さっぱりして ヘルシーだと とらえているのでは? 私にとっては フォアグラや煮込んだ肉、バター、トマトソースのほうが 濃い のですが・・・。

上の発言を読んでから、なぜ「味が濃い」と感じるのか考えています。
握りに使う米には、寿司酢。これは 我が家では 砂糖・塩・酢、だしを少々で作りますが、これを米にしみこませる。そして、わさびに醤油。場合によっては レモン等の柑橘類。そして 各種のネタ。

確かに いまちょっと考えただけでも、手間のかかる調理法だし 味付けも複雑なのかも。 醤油って インパクトのある味だしね。 ずっと 頭の隅に 「味が濃い」があって 気になっています。

食って 複雑。ワインをくみあわすとなると さらに複雑。 「味が濃い」忘れないでおこう 。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マグロのカルパッチョとロゼ ワイン

May 07, 2008 by toshiaki |
おいしかったです。
マグロのづけをサラダみたいにして食べました。
春菊やらレタス、キャベツにニンジンを彩りにしたもののうえにわさび醤油に浸したマグロです。これにはロゼワインがピッタリ合うんですよ。
フランスでもマグロをカルパッチョにしてサラダ仕立てでよく食べられます。
もちろんワインはドメーヌ パスカル・ランベールのシノン ロゼです。
あの上品でほのかな甘みが わさび醤油にとてもよく合うんですよ。
ロゼワインていいですよね。
基本的にでしゃばらないから、和食にはよくあいますね。
つなぎにレモンやオリーブオイルを使えば完璧ですね。
茶碗蒸しだって、柚子の香りがありますから、そのままロゼワインで合うはずですね。
こんど試してみます。
あー、ヨダレが!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

いろいろな餃子とワイン

May 06, 2008 by toshiaki |
餃子が食べたくなりました。
餃子ってイタリアンのラビオリに似てますよね。酢醤油に辣油を垂らして食べるのもいいですが、タコソースやピザソースなんか使うのもありですね。
市販のものそのままは芸がないですが、タバスコやリーペリンソースを足すと複雑さがましていいですよね。そうそう、餃子の具にチーズを入れたりすればもうイタリアンですね。
話は餃子から飛びますが、韓国料理のチヂミにチーズを入れて「チーズチヂミ」として出す料理屋さんがありました。
小麦粉の香ばしさとキムチの辛さとチーズの風味がめちゃめちゃにおいしかったです。
小麦粉系の料理とチーズはなんでも合いますね。チーズの値段が異常に高い昨今ですが、チーズの良さを知ってしまいましたからもうチーズ無しじゃいられません。
チーズ類の乳製品は輸入ものだけに頼ってはいけない食品ですね。

餃子!餃子!

トマトソースの固まりかけたのを餃子の具にしてカリカリに焼いたら美味しいでしょうね。もちろん中にチーズもいれて…あーもうたまりません。考えただけでヨダレが出ちゃいます。
ワインは 軽めのものをちょっと冷やしてもよし。辛口のロゼを冷やしてもよし。
気軽さが大事ですね。


ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

キャンティはスパゲティ ミートソースにバッチリ

May 03, 2008 by toshiaki |
昨日キャンティー飲みながらスパゲティ ミートソース食べたんですが、おいしかったです。
飲んだキャンティーはカステルヴェッキオのサンタ・カテリーナです。!
トマトの酸味、挽き肉の脂旨味、パルメザンチーズの濃く、これにこのキャンティーが加わることで完成しました。
キャンティーの酸味はトマトに合うに違いないのですが、(トマトだけたべるなら白ワインでいいんですが。)使われているすべての食材とワインが重なりあい、溶け込んで更なる世界の扉を開けてくれたかのようです。
いまさらスパゲティ ミートソースでもないだろうと思わないでください。(親父の好物です!)
キャンティーなら、なんでもこうは いかないんです。
野球のバッティングで球がバットの芯に当たった感じ!

キャンティーもいろいろなスタイルがありますから、何をたべるかによって生産者を選ばなきゃいけませんね。
5000円のキャンティーならまた違った食材と合わせなきゃいけませんけどね。(5000円の高級ワインがスパゲティミートソースじゃ洒落にならないですよね。―(笑)―)
たしかにワインには値段もあるし格もありますが、高くでも安くてもちゃんとつくられたワインはそれなりの楽しみ方があるんですね。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

マリネにはジャン バルモン社のシャルドネ

May 02, 2008 by toshiaki |
ジャン バルモン社のシャルドネっていいんですよ。
なにがいいって、マリネにめちゃめちゃ合うんです。
ロワールのVDPのシャルドネなんですが、厚みと酸味のバランスがよく、しかもシャルドネらしい香がフレッシュでよろしいんです。
酸っぱすぎず、くどすぎず。
かといって、単なる中庸なつまらないワインじゃないんです。
抜栓後の持ちの良さがつくりの良さを証明しています。
ワインの温度が上がってもだれないところも素晴らしいです。
アウトドアでもOKですね。
上品とは飲み飽きしない味のことです。
それでいてしっかりとした個性があるんですからスゴイワインなんですよこれは!
バルモン社のVDPシリーズがここのところ雑誌などでよく取り上げられていますが、ベストなのはこのシャルドネです。(かなり力が入る)
暖かい地域で安易につくられるありきたりなシャルドネとは違います。
お試しを!
マリネを食べながら飲めば感動間違いなし!

ピクニック用ワイン選考委員会推奨です。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌマルタンのミュスカデはアサリのワイン蒸しに最高!

May 01, 2008 by toshiaki |
今日はメーデーでしたよね。
最近あまり言わなくなりましたけど…。
連休もこれから本番ですね。
この間の「アドマチックなんとか?」というテレビ番組をみていましたら、潮干狩りが放送されてました。
そういえば、子どもの頃は よく連れていってもらったのを懐かしく思い出しました。
実益を伴った遊びですから、大人も一生懸命に潮干狩りしていたのが楽しかったですよね。
なかなか子どもと一緒に真剣にできる遊びは今少なくなってしまいましたね。

ところで、潮干狩りと言えば あさりです。
ミソ汁にいれてもよし。あさりバターもよし(今バターがないんだ!)。そうとなれば、あさりのワイン蒸しですよね。
これはもう白ワインですよね!
ワイン蒸しに使う白ワインと飲む白ワインは同じもので楽しみましょう。ドメーヌマルタンのミュスカデなんかベストですね。
出来上がったワイン蒸しにレモンでも搾れば そりゃもうたまりません。大きくて立派なあさりでしたらクレマン・ド・ブルゴーニュで試したら?あーダメ、
考えただけでヨダレが出ちゃいます。
ドライでシャルドネの品の良さは、とんでもなくマッチすること間違いなしですね。
食べたいー!



ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ピクニック!

Apr 29, 2008 by toshiaki |
ピクニック!
ピクニック!

今日から連休に入った方ずいぶんおられると思います。
8連休位あるんでしょうか?
普段、朝から夜遅くまで休ます働いているお父さん達ゆっくり羽根をのばしてください。
え?「休みは休みでもいろいろ用があるんだよ!」
まあまあ、そう言わず。
ピクニック用ワイン選考委員会ではサンドイッチに合うワインということで考えました。
ハムサンド生ハムサンドでしたら、やっぱりコンチェルト・ド・メディチのランブルスコは定番なんですが…
あまりにワンパターンのそしりを受けそうですから、少し目先をかえて
スペインのイプシス クリアンサなんてどうですか?柔らかでこくがあり、かと言ってくどさがない。
ブルーチーズを塗ったパンにぴったりですね!
シンプルな分幅広く料理に合うところがいいですね!




ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

走水の鯵とドメーヌ マルタンのミュスカデ

Apr 28, 2008 by toshiaki |
先週のプチ同窓会で約束した彼の家に遊びに行ってきました。

30センチの大鯵にはお目にかかれなかったですが(笑)、走水の鯵おいしかったです。
肉厚で、味わいがとても濃くて、フライにしてもぎたてのレモン汁をかけて(彼の家になっている。)ドメーヌ マルタンのミュスカデをのんだ日にゃ、とんでもなく美味しかったです。
これも彼の奥さんが丁寧に鯵の小骨を抜いて下ごしらえをして下さったたまものです。
それから、イシモチのカルパッチョがいいんです。
イヨカンと一緒に食べたのですが、これがまたワインに合う合う!
感激ものでした。
彼の奥さん達人でした!
彼の愛犬2頭と遊びながらベランダ(これも彼の手製です。マメですね。)で陽が落ちるのも忘れて昔話に花がさきました。
遅くまでスイマセンでした。
こんどまたワイン持っていってもいい?

久し振りに充実させて頂きました(私だけかも?)
S君また誘って!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ミモレット18カ月熟成のパスタです

Apr 26, 2008 by toshiaki |
ミモレット18カ月熟成のパスタです。

メタボですから毎日は食べるものじゃありません。
でも、美味しいんですよね。これが…
くどいくらい濃厚なんですが、下品じゃない味です。
私はたまに無性にこれが食べたくなるんです。

ただ商品化するには原価がかかりすぎるため、無理みたいです(タウザのスタッフが言うにはチーズだけで1000円以上かかりますから、とんでもなく高いパスタになります。無理です。)
キッパリ却下されました。
あきらめて3000円払ってスゴスゴ帰ってきました。

こんどは家でつくろう!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

「ピクニック用ワイン選考委員会」を設立

Apr 25, 2008 by toshiaki |
なんか無性にブリオッシュが食べたくなりました。
あのマリー・アントワネットが 飢えた国民に向かって「バンがないのならブリオッシュを食べればいい」と言い放ったやつです。
いわゆる最高級のパンです。
なんでも小麦粉に対してバターが50%、卵黄のみを25%加えてつくるパンですから、そりゃメタボの塊です。
でもシャンパンに合うんですよ、これがまた!
よくシャンパンの香の表現で「ブリオッシュの香がする」なんて言われます。
ですから合わない訳がないんです。
つなぎにブルーチーズを使ってもおいしさは増すし、さらに蜂蜜を加えたら死ぬほど美味しいらしいです。(蜂蜜を加える技は気がつきませんでした。 …大和田さんが言ってました。…)

そうだ!

シャンパンとブリオッシュとブルーチーズ持ってピクニック行ったら最高なんだ!

「お花見ワイン選考委員会」が解散した今、「ピクニック用ワイン選考委員会」を設立することにしました!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カリカリ ベーコンとはロゼ スパーリング

Apr 22, 2008 by toshiaki |
null
あー、ベーコン食べたい!
それもカリカリにフライパンで焼いたやつです。ベーコンの上に目玉焼きをのせるんじゃなくて、単にベーコンだけをカリカリに焼いただけのやつです。

そうすると飲むワインは何にするか?
とても大事なことです。ボジョレーヌーボーのような軽めの赤を軽く冷やして飲む…
ちょっとありきたりかなぁ?
白ワインはなんか思い浮かばないです。
ロゼなんかいいですね!うん、うん、いいですねー。
それもスパーリングでほんの少し甘みのあるワインがいいですね。
アウトドアだと最高ですね!
焼きたてのカリカリベーコンをかじりながらロゼスパーリングを飲む!
カッコいい!
そうなるとワインは
スペインのカヴァのロゼ、ロジャーグラートに決まりです。
いいなぁ。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

大鯵にはドメーヌ マルタンの ミュスカデ セヴェル エ メーヌ シュール リー

Apr 19, 2008 by toshiaki |
null
いやー、昨日はやっぱり大変でした。
確か家に着いたのが4時近かったようです?
たまにしか会わないから盛り上がりますね。

酔った勢いで来週その内の一人の家に遊びに行くことになりました。
なんでも彼は来週の土曜日に鯵釣りに行くそうで、翌日曜日に鯵に合うワインを持って遊びに行くことになりました。
なんでも30センチ以上の大鯵だと豪語していました。(笑)
まあ話半分としても刺身か唐揚げで食べる鯵となると

ふふふ

そりゃ、あれですよ。
あれがベスト!

ドメーヌ マルタンの ミュスカデ セヴェル エ メーヌ シュール リーV.V.2006年

なんたって
厚みがある。
酸がたっぷりある。
でも、角がない。

ミュスカデはピンからキリまで色々ありますが
間違なくピンのミュスカデです。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カレーライスとワイン

Apr 18, 2008 by toshiaki |
今、無性にカレーライスが食べたくなりました。それも本格インドカレーではなく、洋食屋さんの昔ながらのビーフカレーです。

ワインは何がいいでしょう?

昔、岩野先生にお伺いしたら、首をひねって「マディラかなぁ。」と教えていただいたのを思いだしました。
カレーにワインを合わせてのはかなり難しいですね。
カレーのあの香りがワインとの相性の邪魔をしますね。
いっそビールの方が良いでしょうね。

あー! やや甘口のスプマンテやランブルスコだったら間違なく合いそうです。

お昼に冷えたランブルスコ飲みながらカレー食べたい!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ミモレット18カ月熟成のパスタ!

Apr 15, 2008 by toshiaki |
た たべたい。
なにをって?
ミモレット18カ月熟成のパスタ

ここのところ、ちょっと疲れ気味です。
なんか、カロリー高めメタボなもの食べたいんです。
からすみは我慢しますから、ミモレットパスタ食べたい!(贅沢をお許しください。)



食べました。

うーん、おいしかったです。
ミモレットたっぷりかけちゃいました。少ないとさすがに塩気がたりません。かけ方はパスタを上から見て中心部に山盛りで周辺はやや薄くします。まるで富士山が7合目まで雪(黄色ですが)に覆われたかのようにかけました。
こうでなくっちゃ!
あっ、いけない!
写真とるの忘れた!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ミモレットは18ヶ月の熟成で濃厚な赤ワインと相性抜群

Apr 13, 2008 by toshiaki |
ミモレットと赤ワイン
からすみのパスタ美味しいんですが、からすみって高いんですよね。
そこで、フランスのチーズ ミモレットの登場です。

プレスして固めたチーズなんですが、若いうちはサンドイッチにすると美味しいです。

ところがこのチーズ18ヶ月の熟成を経るとなんとまるで、濃厚なからすみやうにのようになります。

からすみよりは安いですし、かといって劣る訳でもありません。

美味しいんですよミモレットは…

でも18ヶ月熟成じゃないとダメなんです。不思議なものなんですが12ヶ月熟成だと味わいがチープに感じちゃうんです。

赤ワインそれも濃厚なものとの相性は抜群です。モルトウイスキーでも十分です。

ミモレットパスタ食べたい!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

からすみのパスタをカナイリで。う・ま・い!

Apr 12, 2008 by toshiaki |
null
美味しかったなぁ。

「なにがって?」

からすみのパスタです。ボラという魚の卵ですね。卵巣という方が正しいですか。
この前、宮崎県の知り合いがお土産で 漁師さん自家製のかなり大きなからすみを持って来てくれました。
ベベロンチーノの要領で( 唐辛子は入れないで) 最期にからすみをおろし金でたっぷりすりおろして出来上がりです。
あわせるワインはイタリア サルデニヤ島産の白ワイン、カナイリです。
イタリア人も からすみは食べます。それもサルデニヤ島が一番有名なんです。

う・ま・い!

カナイリってワインは若い時は硬くて愛想がないほどなんですが、今は最良の状態です。
全体のバランスとボリューム感が高い次元で折り合っています。
十分な練れた酸が 複雑味と旨味を押し上げています。
まあ、なんとからすみと合うこと。
からすみのねっとりとした濃厚な味わい(フランスチーズのミモレット18カ月熟成に味は似てます。)に負けることなくベストマッチします。
最強の組み合わせですね。ただ寒い時期にしかない食材ですから 今市販されてるものは保存用のちょっと硬めのものになります。
是非お試しを!
からすみを単体で食べるなら赤ワインでもいいでしょう。

因みにカナイリなんですが

ヴェルメンティーノ ディ ガルーラ スペリオーレV.Q.P.R.D.2004 カンティーナ ガルーラ
特価 2000円
残りが少ないですからお早めに!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ
ページ移動 前へ 1,2, ... ,4,5 Page 5 of 5