前月   February 2018   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:


 ←ここをクリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。
 ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

シノンでもっとも古い畑らしいです

Feb 08, 2018 by weblogland |
今日は家内は品川でインポーターさんの試飲会。私はお留守番(笑)。
待っている間にシノンが届きました。例の2001年のシノンです(笑)。通常キュヴェと畑名入りの2本。生産者名はドメーヌ・クリ・デユテイユ。ヒュー・ジョンソンの『ポケット・ワイン・ブック』には優良生産者として名前が載ってました(笑)。こりゃ期待大(笑)!調べるとシノンでもっとも古い畑らしいです。さらに調べると一番有名なシノンとか。フランスだとかなり有名な生産者ですね。
早速週末に飲んでみますね(笑)。

null

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

2本はボルドー。どちらもカベルネ・フランを多く使ってます

Feb 03, 2018 by weblogland |
ふふふ(笑)。
これです!

null

左隅の2本のイタリア アプルッツォのワインは去年一度試飲しています。その時好印象(笑)。年が開けてから使いたいワインとして待ってました(笑)。まあ、これは大丈夫かな(笑)?
あと真ん中はアンジュのフランとソーヴィニヨン。大好きなロワールなんですが、期待に応えられるかな(笑)?外れも多い産地ですからね(笑)。
右端の2本はボルドー。どちらもカベルネ・フランを多く使ってます。この点期待大(笑)。でもですね、アントゥル・ドゥ・メールなんです。この産地だと酸があまりないんですよね。この点不安(笑)。
まあ、基本的に悪いワインはありません!ただ価格に見合うかどうかなのです。
ティスティングの際にはソムリエ的な分析は不要(笑)。一体幾らなら売れるか?だけなのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

モンテプルチアーノ・ダブルッツオとトレビアーノ・ダブルッツオ

Feb 02, 2018 by weblogland |
雨がみぞれから雪に変わってきてます。
でも、先日の大雪の時よりは寒くないから積もらないかな?明日は坂を登る配達がありますから、雪が積もらないことを祈るのみ!車が坂を上がれないと台車を押して品物を届けなくてはいけませんから、真剣に雪が積もらないことをお祈りします(笑)。
ところでまたサンプルが届いています(笑)。昨日のイタリアのモンテプルチアーノ・ダブルッツオとトレビアーノ・ダブルッツオ。以前取り寄せて飲んだ時好感が持てましたから期待大(笑)。今日来たのはボルドーのカベルネ・フラン主体のワイン。フラン好きとしては期待に胸が膨らみます(笑)。あとロワールの赤、白も来ました。
楽しみです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

赤ワインを飲み頃の温度にするウラワザ

Jan 15, 2018 by weblogland |
う~、寒いですね。
昨日よりは多少暖かいらしいですが、日が落ちるとかなり寒い(笑)。私は職業柄腰や膝がダメ。ですから貼るカイロを両膝と腰に貼ってます(笑)。一応万全かな(笑)?
さて、今晩は何か飲みましょうか?濃い赤ワインを飲みたい気分ですね。でも、ワインの温度が低すぎると悲惨なことになります(笑)。こんなときはまず抜栓してからストーブの前に置きしばらく放置。
瓶を握って温度確認しながら瓶の向きを変えます。これを何度かやればワインは飲み頃の温度になります。この時期しょっちゅうこの作業をしますから、手でボトルを握るだけで適温を感知(笑)。私の裏技となっております(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ブルゴーニュのサンプル・ワイン届きました

Jan 14, 2018 by weblogland |
null
へへへ(笑)。

ブルゴーニュのサンプル・ワイン届きました(笑)。

ロシニョール・フェブリエのブルゴーニュ・ルージュ2014年とジョエル・レミーのサヴィニ・レ・ボーヌ2015年。ロシニョール・フェブリエの方は以前扱っていましたから再登場。たしか2012年以来ですから2年ぶりかな(笑)。中身はポマールとヴォルネイのようです。

サヴィニの方は村の左岸 ヴェルジュレスの下の方。沖積地の畑のワイン。レ・フルノーという区画。同じ名前の1級畑がすぐ上にあり、なんだか解らなくなりそう(笑)。

特にブルゴーニュはリュー・ディー以外の通称も混在するからややこしい(笑)。平たく言うと、登記されている名前と通称が異なっていることがある(笑)。しかもどちらもオッケー(笑)。フランス的?

それにしても、ブルゴーニュの新入荷ワインは眺めてるだけで嬉しくなります(笑)。あとは飲むだけ(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

今日はラクリマ・クリスティを飲みます!

Jan 11, 2018 by weblogland |
今日はラクリマ・クリスティを飲みます!

ラクリマ・クリスティなんて今さら飲むんですか?なんて言われるかな(笑)?
実は去年の暮れにサンプルで取り寄せたものです。ラクリマ・クリスティなんて言うと今や死語に近い(笑)?でもですね、造り手はマストロベラルディーノ!実はマストロベラルディーノがラクリマ・クリスティ造っていたことはノーマークでした(笑)。たまたま、気づきましたから、一度くらいは飲んでおかねば(笑)!と言う訳でございます(笑)。
まあ、カジュアルなワインですから、大きくは望みませんが(笑)、マストロベラルディーノのラクリマ・クリスティを飲んでいないことに反省(笑)。飲まずに語ることは許されません(笑)!でも大したことなければ語りませんからお察しを(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ワインセラー大改装中

Dec 04, 2017 by weblogland |
今、マスキューのワインセラーは大改装中です。

null

実は漏水がありセラーの壁が壊れちゃいました。焦りました。
まあ、真夏ではなかったのが不幸中の幸い。今の気温はセラー内より低いくらいですから、この点ラッキー。でもですね、セラーの中を全部出すのに一苦労(笑)。今家内は棚を綺麗に拭いています。皮肉にも、セラーを設置してから初めての大掃除となっちゃいました(笑)。
がらんどうのセラーの中って割りと広い(笑)。職人さんもセラーの中で作業出来ます。(でも、ちょっと大変かな?)

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カベルネ・ソーヴィニヨンで造った白ワイン!

Dec 02, 2017 by weblogland |
ふふふ(笑)。
変なワイン見つけちゃいました(笑)!
なんとカベルネ・ソーヴィニヨンで造った白ワイン!
ありそうでない(笑)。初めてお目にかかりました。

産地はなんとモルドバ!

もちろんペアで赤もあります(笑)。
笑っちゃいますよね(笑)。
白はなかなかフレッシュで、しっかり酸があり美味しい。デイリーなカテゴリーのワインなのですが、東欧らしくケチ臭くない(笑)。しっかり白ワインしてます(笑)。
赤はカベルネっぽくはありませんねぇ。でもこのカテゴリーのアイテムとしてはマスキューの基準を満たしてます。
どちらも丸々1本飲んだわけじゃありませんから、本来のポテンシャルは確信出来ていませんが、ティスティング用に注いだグラスの残りのワインを翌日飲んでみてその良さにビックリ。とりあえず来週には1ケースずつ取ろうと思っています。
また、変なワイン見つけちゃいました(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ジュ・ド・レザンはやって来ない

Nov 29, 2017 by weblogland |
あ~あ。

もー、いくつ寝ても~
ジュ・ド・レザンはやって来ない。(ヤケクソでございます。)

今年はジュ・ド・レザンは生産されませんでした。
ふぅ~😵💨。
残念!

毎年この時期楽しみにされているお客様 大変申し訳ございません。お許しくださいませ。

春の低温障害、7月の雹、真夏の高温障害、フランス、イタリアは散々だったようです。中には全くワインを造れなかった生産者もいるとか。天候には勝てないのは重々承知してますが…、出るのはため息ばかりです。

あー、残念!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ヴィニコラ・デル・サンニオのファランギーナ2016年

Oct 14, 2017 by weblogland |
ヴニコラ・デル・サンニオのファランギーナ2016年なかなか良かったですよ(笑)。
まだ少し若い印象はしますが、密度感があって良いです。アルコール分は12.5%とそれほど高くありませんが、酸はタップリ(笑)。どんどん良くなりそうですね(笑)。造りの良さを感じます。
ファランギーナってあまりアロマチックな品種ではありませんが、こんなスタイルの方がデイリーな食卓には向いてますね。あと、このワインはかなりしっかりしてますからパスタならばどんなソースでもオッケー(笑)。
寒くなるこれから、鍋物にはよく合うはず(笑)。香りがでしゃばらないのが日本人向きかな(笑)。
ところで以前扱っていた2014年ヴィンテージではコルクでしたが、今回からスクリュー・キャップになっていました。こっちの方が安心できるから、私としてはグッド(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

最後の一つが決まりません

Sep 15, 2017 by weblogland |
う~ん。
今月のマスキュー試飲会のワイン、最後の一つが決まりません(笑)。
明日あと1本サンプルが届きますのでそれを飲んでから決めますか。
でもですね、毎回のことなんですがこの最後の1本がなかなか決まらない(笑)。すんなり決まるときは大体いっぺんにきまるか、6本以上の候補があるかです。でもよーく考えてみると納得。すでに5本が決まっていると言うことは、最後の1本が入る余地が少なくなっていることでもありますから(笑)。皆さんお気付きだとは思いますが、マスキューの試飲会のラインナップは価格帯にバランスを取っています。高いのも必要ですがそれだけではダメ。ミドル・レンジともっと手の伸ばしやすいデイリーなものも必要です。そしてそのなかで喧嘩の無いような組み合わせが必要です。
種明かししちゃいましたね(笑)。
ここは最後のもがきなのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

面白いワイン飲みました

Sep 14, 2017 by weblogland |
今日面白いワイン飲みました(笑)!
実はあるインポーターさんがわざわざ試飲用に持ってきてくれました(笑)。ありがたいことです。

そのワインはスペインの白 シャルドネです。スペインのシャルドネというと基本的にミス・マッチですからあまり期待してなかったのですが(笑)。どうせ樽を使ったコテコテの下品なワインかな?なんて思ってました(ごめんなさい!)。
でも、飲んでみるとびっくり(笑)。シャルドネ特有の香りはしませんが(笑)、非常にエレガント。高貴なヴィオニエのような香りがします。ワイン自体の伸びやかさには美しさがあります。基本的に良いワインと即断(笑)。今月の試飲会に登場決定!
まあ、造りに裏技もありそうですが(笑)、
それを差し引いても宜しい出来映え。好奇心を掻き立てられました(笑)。しかもSO 2 はかなり少ない印象。驚きです。トップランナーに違いありません。
勉強になりました(笑)。
楽しみにしていてくださいね(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

難解なワイン

Sep 10, 2017 by weblogland |
このワインが難解なんですよ(笑)。

null

イタリア ピエモンテの ベラヴェルガ2013年 です。ベラヴェルガ種100%で造られた赤ワイン。D.O.C. はコリーネ・サルッツェージ 1996年に認定されたとか。ベラヴェルガ種自体栽培していたのがエミディオ・マエロ一人だけで、彼の尽力によりD.O.C. になったとか。宮島さんも飲んでないかな(笑)。
飲んだ第一印象は臭い(笑)。いわゆるビオ臭てみはなく、生々しい獣の臭い。それにストロベリーというより野イチゴのニュアンスが加わります。金属を連想するミネラルも感じかなり複雑。でも臭い
(笑)。ジビエやウォッシュやシェーブルなどのチーズに合わせるのかな?家内曰く
「野生の熊が座りながら野イチゴをむしゃむしゃ食べてるような香り(笑)。もちろん熊の香り付き(笑)。」
ワイン自体の良さ。生産者の尽力を感じるコストのかかったワインなのですが、
臭すぎる(笑)。
どないしましょう?と途方にくれること6時間(笑)。
すると熊臭さが消えてる‼
実に美味しく美しい!
ぐっと甘さがましピノ・ノワール的。しかも深いし複雑。経験したことのないイチゴ風味。翌日には更にパワーが全開。
とってもとっても凄いワインなのでした。
でもですね。これ試飲会に出して大丈夫かな?絶対に誤解される可能性大(笑)。少なくとも万人は拒絶するかも(笑)?万人受けするなんてレベルじゃない(笑)。
こんな難しいワインは初めてかも(笑)。

未知の領域に踏み込んだような感覚です(笑)。良い勉強になりました。試飲会では出しませんが、こっそりお勉強ワインとして仕入れようかな(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

D.O.C.委員会の選考でI.G.P. ロゼになったとか

Aug 09, 2017 by weblogland |
この辺は台風の被害はありませんでしたが、暑かったですね。明日はもっと暑いらしい!
マスキューでは少しでも涼しげなワインを提案するために、カウンターの上にこれを並べました(笑)。

null

チェラスオーロ・ダブルッツォ 2015年 コッレフリージオ ロゼ

色鮮やかで、モンテプルチアーノ・ダブルッツォ種らしいベリーの果実味が爽やかで美味しいのです(笑)。でもですねラベル記載を見ると「ヴィーノ・ロサートI.G.T.」となっています。???
家内「いつの間にかチェラスオーロ・ダブルッツォD.O.C.がI.G.P.ロゼになってる!?」
私「えっー!そんな馬鹿な!」
家内がインポーターさんに問い合わせると、D.O.C.委員会の選考の過程でチェラスオーロにしては色が薄すぎると異論が出て、I.G.P. ロゼになったとか。
家内「色の濃い薄いは圧搾のタイミングだけじゃ決まらないし、イチャモンつけたのかなぁ(笑)?」
私「D.O.C. の規定で何時間以上果皮と果汁を接触しなくてはならないとか、光の透過度の基準があるとか なんてあるのかな?」
家内「聞いたことないよね。味わいがD.O.C.に相応しくないなんて言って認めてもらえないなんてことはたまにあるよね。」
私「でもさぁ。チェラスオーロでそれはないだろ(笑)。特別変わった味じゃないよこれ。」
謎が謎を呼ぶのです(笑)。
私・家内「まあ、相変わらず美味しいからイイけど(笑)。」

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

2017年のジュ・ド・レザンは生産されません!

Jul 29, 2017 by weblogland |
がーん‼

本年2017年のジュ・ド・レザンは生産されません!

今、輸入元のジャパン・インポート・システムさんからファックスが届きました。

原因は天候不良とのこと。詳しくは解りませんが、7月に入ってから壊滅的な被害を受けたようです。雹かも?

末尾が7の年はフランスはあまり作柄が良くありません。またか?
これから他の産地の情報収集しなくては。
取り急ぎお知らせいたします。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

あっ!まだ原稿できてない!

Jul 25, 2017 by weblogland |
あっついですね。でも夜になると風があるから幾分か楽かな(笑)。
今、試飲会のワインの記述の追い込み(笑)。
だいたい書けましたが、細かな点で解らないことがあったので問い合わせたインポーターさんからの返事待ちです(笑)。
解らないことが気になるともうダメ(笑)。
頭の中は「何故?」、「何故?」、「こうかもしれない?」、「そうかもしれない?」、果ては「そんなわけ無いだろ!」、支離滅裂(笑)。暑さもヒート・アップを助長(笑)。いかん、いかん。こんなときは泡でも飲むか。そうだ!試飲会で出すヴァルディビエソのエキストラ・ブリュットでも飲むか!
あっ!まだ原稿できてない!
そしてまた、迷宮に入り込むのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

商売人ってこんなもんです

Jul 17, 2017 by weblogland |
本日の予想最高気温35℃!
今、マスキューの室内温度は24・5℃。
これからお昼ですからそろそろシャッターを降ろす準備です(笑)。シャッターを降ろすとかなり違います。もちろん西日対策ではありますが、ガラス面の温度上昇を防ぎますからエアコンの効きが良い。

→電気代の節約となる(笑)。

毎年この時期は電気代の請求書を見るときはドキドキ(笑)。見るとため息(笑)。
でもですね、エアコンを止める訳にはいかない。今日あたりは夜もエアコンをつけっぱなしにしないとダメですね。ちょっともったいない気はしますが、ワインのため!人のためではありません(笑)。
ちなみにエアコン嫌いの我が家にはエアコンなし(笑)。商売人ってこんなもんです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

クストーザ、とても好評なれど謎は残ったまま(笑)

Jun 27, 2017 by weblogland |
早速インポーターさんに電話して聞きました(笑)!
先週の試飲会の白ワイン クストーザ の件です。

私「もしもし、お世話になっております。試飲会でクストーザとても好評でした。ありがとうございました(笑)!ところで質問なのですが、クストーザはマロラクティック発酵はコントロールしているのですか?」
インポーターさん「クストーザを造っているモンテ・デル・フラは基本的に余計なことをしない生産者です。ですからアルコール発酵も完全にしますし、マロラクティックもやっているはずです。」
私「あのワイン、リンゴ酸をしっかり感じますよね。甘夏やハッサクみたいで特徴的なんですが…。マロラクティックをしっかりしたガルガネーガにはない香りだと思うんですが?」
インポーターさん「マスキューさんディテイル詰めてきますね(笑)。多分リースリングやシャルドネ由来かと思うんですが解りません。ごめんなさい。フラが来たらセミナーをやりますから直接聞いてくださいね(笑)。」
う~ん。
謎は残ったままなのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・ジャン・フランソワ・メリオー 続きです(笑)。

Jun 13, 2017 by weblogland |
続きです(笑)。

ドメーヌ・ジャン・フランソワ・メリオーのホームページを見ながら思いつきました(笑)!
住所が書いてあるからグーグル・マップで検索してみよう‼
え~と、まず住所をコピーして、それをグーグル・マップの検索に貼り付けてっと。
おー!
ジャン・フランソワ・メリオーにピン・ポイント!(当たり前か(笑))
こりゃたまりません。ドメーヌの目の前の通りは『ヴィエルゾン通り』。通りと言っても田舎の側道じゃないか(笑)!でも建物は立派。なかなかの規模ですね。
ところがドメーヌ・ジャン・フランソワ・メリオーの名前がない?大きくポール・ブュイッセとあり、門扉の表札にはジャン・フランソワ・メリオーとは書いていません。
??
もともとのヴィニョブル・デ・ボワ・ヴォドンとも書いていない?検索に間違いはありません。
何か理由があるんだな。インポーターさんに聞いてみよう。

ドメーヌの周りに場所を移し周囲の景色を確認すると、シェール川の左岸(南側)は平地。沖積地のようで野菜等を栽培してそうです。川の右岸(北側)は高台になって広がっており葡萄はここの斜面で栽培されるようです。ドメーヌはこの高台の真下にあります。なるほど!すべての畑が南面・南東面となるわけだ。

行った気になる(笑)。

こりゃ楽しい(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ドメーヌ・ジャン・フランソワ・メリオー

Jun 13, 2017 by weblogland |
いやー、今私のお気に入りフランス ロワールのドメーヌ・ジャン・フランソワ・メリオーなんですが、場所を探すのが大変でした(笑)。ドメーヌのアドレスにアクセスしてみると詳細な地図があり解るには解るのですが全体のどこで、アペラシオンのどの位置か解らない(笑)。トゥーレーヌ自体が広く詳細を網羅した産地地図がないのです。
そんな訳でドメーヌの所在するモンリシャールはここ(『地図でみる図鑑 世界のワイン』より)。水色部分がシュヴェルニーでその南の鉛筆で囲ったところです。

null

ドメーヌのホームページの詳細を地図はこれ。http://www.merieau.com/#/ にアクセスしてcontact をクリックすると地図が出てきます。
老眼の私には大変な作業でした(笑)。
畑がすべて南・南東向きの意味がようやく何となく解りました(笑)。文章だけだと今一つピンと来ずストレスでした(笑)。
それにしてはトゥーレーヌいやロワールは広い(笑)。知らない生産者やニュー・スターはまだまだいそうですね(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

今日は銀座と横浜の試飲会に出席

May 18, 2017 by weblogland |
今日は試飲会で家内は銀座、私は横浜。不思議と重なるんですよね(笑)。

また、マスキューの試飲会は来週ですから、最後のあがき(笑)。上手く、美味しいワインを探せれば今週中ならラインナップに加えられます。でも家内共々結果は空振りでした(笑)。

昨日開けたサンプルがどう変わっているか?それ次第で決めることになりそうです。まあ、9割方は決まってますからどうにかなるかな(笑)?
ところで今月のマスキュー試飲会で出す予定のワインで面白いワインがあります。

ミュスカデ・シュール・リーなのですが、渾身のワイン。シュール・リーだけでなんと3年!しかもめちゃくちゃ濃くて強い。まあ、なんてワイン造ったんだ!の世界なのです(笑)。

前々回に試飲会で出したバシュレのアリゴテと共通するかな(笑)。驚きのワインです!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

あれって何でしょうか?

May 15, 2017 by weblogland |
う~ん。
お客様からご提案いただきました!
セット販売のご提案なんですが、「ボルドーはこれを飲めセット」!
う~ん。
問題は左岸ですね(笑)。
高いしどれを飲んでもあまり変わらない(
ごめんなさい。)。カベルネ・ソーヴィニヨンらしい味わいを出すシャトーは限られているし。まさかセットで1級シャトーでも入れでもしたら『マスキュー気が狂った!』なんて言われかねない(笑)。
ポンテ・カネは高くなっちゃったし、ランゴア・バルトンも造りが変わっちゃったし。
う~ん。困った!
あっ、あれがある!今度来そうだし。
あれを入れましょう!

ここで問題です。
あれって何でしょうか(笑)?


ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ヒュー・ジョンソンの『ポケット・ワイン・ブック2017年』度版

May 12, 2017 by weblogland |
ふふふ(笑)。
ヒュー・ジョンソンの『ポケット・ワイン・ブック2017年』度版買っちゃいました!

null

日本語版の改訂が追いつかず内容が古くなってしまったので困ってました。そんなわけでそごうの紀伊國屋書店の洋書コーナーを物色。発見。実は家内が洋書見つけるの得意なんです(笑)。普段は老眼鏡無しでは字も読めないのですが、何故か洋書をすぐ見つける。しかも眼鏡無し(笑)。
きっと動物的なセンスがあるはず(笑)。

40周年記念版らしく金色であしらった豪華な表装。しかもハード・カバー。しかもしかも裏表紙にはヒュー・ジョンソンのご真影が(笑)!

価格もなんと2000円ほど!
う~ん。
これが日本語版になると5000円くらいします。
英語版なので虫眼鏡と辞書が必要ですが
(笑)、2015年ヴィンテージまで記述がありますから必須。
ラッキー!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

クープ・ローズ-パパの顔

Apr 24, 2017 by weblogland |
クープ・ローズの親子を先日ご紹介しましたが、パパの顔が見てみたいとのリクエストが殺到!

どうやら余計なことを言ってしまったようです。ご免なさい!

どうでしょう?息子さんは似てないですよね?

クープ・ローズ

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

クープ・ローズが来ました!

Apr 22, 2017 by weblogland |
来ました!
マスキューにクープ・ローズが来ました!
ご来店くださったのはマダム・フランソワーズさんと息子さんのマチアスさんです。パパのパスカルさんは引退されたようです。新進の学者然としたマチアスさん、実際に化学者であり、科学者。特に醸造に造形が深くクープ・ローズの新たなスタイルを模索中。この彼はまたイケメン(笑)。カッコいい!あのお父さんからは想像がつかない(笑)。私、密かにパパのことを鬼瓦権蔵とアダ名をつけてました(ご免なさい!)。

クープ・ローズが来ました

話はワインに戻りますが、確かにSO 2の量は少ないワインですよね。でも率直に言って昔のスタイルを私は好みます。
私「私はパパのスタイルの方が好きなんですよ(笑)。酸の残ったエレガントなスタイルを追及するのは分かりますが…。」
フランソワさん「まだまだ時間はかかると思いますが期待してくださいね(笑)。」
マチアスさん「新たに畑を広げたり、より自然なワイン造りを目指すつもりです。SO2無添加のワイン造りも始めました。」
私「ミネルヴァらしい血のようなワイン造って下さい(笑)。」
かなりの投資と尽力をしてるようです。先々が楽しみです(笑)。
ほんの少しの時間でしたが、人生かけてやっているのが伝わって来ました(笑)。
ありがとうございました!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

アシルテイコ種100%で造った白ワイン

Feb 23, 2017 by weblogland |
ふふふ(笑)。

これなーんだ?

ギリシャ、サントリーニ島の白ワイン アシルテイコ種100%で造った白ワインです!

先日モトックスさんの試飲会で見つけて早速サンプルを取り寄せました(笑)。飲みたかったんですよね(笑)。最近の流行りでもありますし、テイスティングした中でも一番バランスが良かったものです。

ギリシャは葡萄品種が多く、そんな中でもアシルテイコとアイダニは有名。ソムリエの資格試験の暗記では「愛だに、愛してるていこ。」なんて覚えましたっけ(笑)。


味わいはグット!オリーブオイルみたいに濃厚(笑)。

家内「美味しいね!香りはしないけど(笑)、体に染み入る。」

Kさん「ギリシャのコントラストの強い光景の地で飲むには、オリーブオイルに負けないくらい濃くないとダメなんだろうね(笑)。」

私「北ローヌのヴィオニエにちょっと似てるかな?でも香りは立たない。味わいで勝負するタイプだよね。

出来上がりが早くない?」

家内「2016年かぁ。たしかに早い。」

K さん「長熟するようなタイプじゃないよね。」

私「そうするとマスキューには高級過ぎるかな(笑)?美味しいけどね。」

マスキューの試飲会がもう迫ってますから今更試飲する必要もありませんが(笑)、取り合えずこれはお勉強の試飲(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

これなーんだ(笑)?

Feb 05, 2017 by weblogland |


ふきのとうです。
可愛いつぼみですよね。実はこのふきのとう、青森の雪の下から掘り出されたもの!雪の下ではもう芽吹いてつぼみになっていたことにビックリ!青森ではまた雪が積もったので当分ふきのとうの収穫は出来ないとか(笑)。
もちろん食用ですが、持ってきてくださったYさん曰く「ものすごーく苦い!万力でアタマヲ締め付けるほど苦い!」
そう言われると試したくなる(笑)。そこで一噛じり。
う~ん。
たしかに苦い!しかも土の香りがスゴい!それとこの苦さ 一体何者?
じっくり味わうとタンニンの苦さとはちょっと違う。
家内「大根の苦さに通じるかな?」
私「苦く感じる酸かな?」
通常はざっくり切って火を通し醤油や味噌で濃い目に味付けをして食べるとか。
食べやすい食べ物に慣れている我々にはショッキングな味わいです
。プリミィティブな味わいに驚かされました(笑)。
ワインもしかり。飲みやすい没個性なワインに慣らされている昨今、あっと驚き声を失うようなワインには滅多にお目にかかれません。もちろんそれを飲んだ人すべてを魅了するとは限りませんが、ワインの本質ってそんなところにあるような気がします
。そんなことを考えさせてくれたふきのとうなのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ヴィン・イ・レジェンデスのラベルの絵

Feb 02, 2017 by weblogland |
試飲会の続きです(笑)。
あの絵巻物のようなヴィン・イ・レジェンデスのラベル面白かったですね(笑)。
実は倉庫で片付けをしていたとき発見をしました!
なんとヴィン・イ・レジェンデスの箱にラベルが貼ってありました(笑)!
灯台本暗しとでも言いましょうか(笑)。もう少し前に気がついていれば切り取って皆さんにお見せできたのに、残念!
そんなわけで映像でアップしますからご覧くださいね(笑)。


画像拡大

この絵を見ながら気がつきました!

全体の描き方は点描なのですが、向かって左側の犬と右側の犬と人物の描き方が違います。右側は外形線で縁取るような描き方をしています。
あと左側の犬は血統証つきの立派な猟犬。ポインターかな?しかも今風なリードや首輪をしています。
ところが右側の犬はどう見ても田舎臭い(笑)。しかも古めかしい首輪。引いているカッコ悪い狩人と妙に調和が取れている(笑)。でも絵全体としてはアンバランスです。一枚の絵として見て初めて気がつきました(笑)。ボトルに貼った状態では気がつかなかった(笑)。

何故かなぁ?

インポーターさんに聞いてみようかな?絵の説明までは無理かな(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ヴィンテージ気にせず!?

Jan 27, 2017 by weblogland |
さっきの続きなんですが(笑)。
プリオラートのヴィン・イ・レジェンデス2011年のヴィンテージ記載が小さくあったのではなく、小さいシールで貼ってありました(笑)!

プリオラートのヴィン・イ・レジェンデス2011年

よる年波で良く見えませんでした(笑)!
早速インポーターさんに聞いてみました(笑)。
私「ヴィン・イ・レジェンデス2011年ってほんとうに2011年ですよね?」
インポーターさん「はい!それはもう現地に確認をとってます!ワイン法だとヴィンテージ記載は義務でなく可能ということなので、先方はあんまり気にしていないようでした。」
私「なるほどね(笑)。ワインの味わいとラベル・デザインに注力するあまりヴィンテージ記載を忘れたのかな(笑)?」
インポーターさん「本人は気にしてないのは事実です(笑)。我々とは感覚が違いますよね(笑)。輸入したばかりのワインを見てヴィンテージ記載がないのに気づいたときは冷や汗かいちゃいました(笑)。そんな訳でこちらで急遽ヴィンテージを貼る羽目になりました(笑)。」
私「でも2011年には違いないから、相手は何のことはない(笑)。」
インポーターさん「そーなんですよ(笑)。」

ワインって共通言語だと思ってはイケナイのかも(笑)?少なくとも、マインドは一様じゃありませんね。もちろん、造り手、飲み手双方を含めてのこと。売り手の私は自戒せねば!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

2014年のブルゴーニュは難しい

Jan 18, 2017 by weblogland |
う~ん。
やはり2014年のブルゴーニュは難しいですね。
昨日はユベール・リニエのセミナーも梯子しました(笑)。今、ドメーヌを率いるのは長男のローランさん。これが若づくり(笑)。一緒にいた若い女性が奥さんだと思っていたら、なんとお嬢さん(笑)!こんな若づくりのフランス人男性は初めて見ました(笑)。
弟さんの死を含めドメーヌの歴史をかなり具体的に語って下さり、ブルゴーニュの現代史の勉強になりました。
ところでセミナーでは2014年のワインを3種類試飲させていただきました。とっても果実味が明瞭で抜けが良い。さすがでした。全般には糖度の足りないヴィンテージと言われていますが、上手く折り合いがついていました。名手の成せる技ですね。
まあ、2014年はドメーヌによりばらつきはありそうですね(笑)。
ところで一昨日飲んだ『キュヴェ・シャンタル』2014年ドメーヌ・ジェラール・セガンが遜色ないワインだと確信出来たのは嬉しいことでした。
大収穫です(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ
ページ移動 1,2, ... ,10,11 次へ Page 1 of 11