前月   October 2020   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:



こうして我々のワインを飲むことは正当化されます

Sep 20, 2014 by weblogland
またまたイグ・ノーベル賞をとったんですってね(笑)。しかも8年連続というから凄い!今回は受賞スピーチで歌まで歌ったというから、もの凄い!
なんでも、バナナの皮が滑ることを計数化したそうな。
滑る→摩擦が少ない→摩滅も少ない→人工関節の耐耗研究に繋がる らしいです。
冷静に考えると役に立つ研究なんですよね。最終的には。ただ未来、将来のことは解りませんから、役立つはずという仮説。でもそれがイノヴェーションに役立つことは確実です。
これって世の中すべてに言えますよね。
ワインの世界だってし烈な競争があります。様々な開発 チャレンジがなされます。
ただし、それが結果として残るにはあまり突飛な物はないような気がします。特にワインは食品であり嗜好品ですから、結果としてより美味しくて安いものが生き残るようです。ただそれは同時に嗜好性やローカリズムに根差しています。一つの物差しでははかれません。
より一層様々なワインを経験し皆さんに伝えることがマスキューの仕事でイノヴェーションになるはず。
こうして我々のワインを飲むことは正当化されます(笑)。
趣味であり、仕事であり、生き方なのです!でないとこんなにワインばかり飲めない(笑)。
ただし、日本人の味覚が対象ですから 『日本ワイン教』なんですね(笑)。そしてそれはセクトではなく、私の勝手な思い込みです(笑)。念のため(笑)。
仕事を仕事として割り切るよりも、仕事を生き方に近づける方が楽と考える私はきっとお気楽なのです(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

Comments

No comments yet

Add comment

comment closed:
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。