前月   June 2019   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:



試飲会こぼれ話

Dec 25, 2018 by weblogland
今月のマスキュー試飲会で試していただいた ●キャンティ クラッシコ 2015年 ファットリア・ディ・ペトロイオ イタリア トスカーナ 赤 キャンティD.O.C.G.750ml 3054円税込み 大人の味わいでディープなワイン・ファンに好評いただきました(笑)。そのディープなワイン・ファンお二方との会話をご紹介します。お二人とも同性なのでDr.FさんとMas.Fさんということで再現(笑)!

Dr.Fさん「このキャンティ、とってもキャンティらしいね(笑)。スミレの香りが特徴的でイイね(笑)。」
私「そーなんです。スミレっぽさが程よく
他の香りと相まってバランスが良いかと
。」
家内「品が良いですよね。キャンティはこうあって欲しい!」
Mas.Fさん「私、実はスミレの香りが解らないのです。」「東京の国立博物館で開催されたワイン展で香りのサンプルがあってスミレの香りを嗅いだのですが解らない。そのサンプルには注意書きで『遺伝的にスミレの香りが識別出来ない方がいます。』と書いてあったので、自分のことが当てはまるのかと。判別する遺伝子が無い人が10%ほどいるとか。」
私「道端に咲くスミレの花の匂いを嗅いでも何の香りもしませんよ。そうすると私もそれかな(笑)?」
家内「そうですよ。スミレ科の観葉植物だって香りしませんよ(笑)。」
Mas.Fさん「じゃあなんでスミレの香りって表現するんですか?」
私「はい。ボジョレーの濃いワインやイレルギー、南西地方の濃いワインに良くスミレの香りって表現されますが、私にはそれが墨汁の香りとしてなら納得出来ます(笑)。」
家内「かといって墨汁の香りでは世界標準ではありませんから(笑)、ヨーロッパの方を習ってスミレと言ってるだけです(笑)。」
Dr.Fさん「私は考えたことないですね(笑)。普通にスミレの香りと認識しています(笑)。」
私「Dr.Fさんは動植物のプロですから我々とは経験値が違うのかな?」

一つの香りにも個人一人一人のアプローチ 刷り込まれ方が違うことにハッとしました。共通言語で話したつもりでも、
微妙にニュアンスが違う。それを理解し、前提として話さないといけませんね
(笑)。とはいえマスキューは自分のペースで発信してますから、直すことは不可能
(笑)。そうすると聞くことが大事。人の言うことはちゃんと聞かないと駄目ですね(笑)。話し相手を理解出来ません。まあ、当たり前のことなんでしょうが。
よし!
来年からは、常に聞き耳を持ちましょう!
「人の話を聞く遺伝子のないあんたには無理!」と冷ややかに見てる家内の視線を感じました(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

Comments

No comments yet

Add comment

comment closed:
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。