前月   October 2020   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:



ジュウレイ・シャンベルタン1996年V.Vドメーヌ・J.P.マルシャン 

Oct 04, 2020 by weblogland
昨日はコレ飲みました!
ジュウレイ・シャンベルタン1996年V.Vドメーヌ・J.P.マルシャン です!

null

久しぶりのブルゴーニュの古酒(笑)。作り手のマルシャンはネゴスで一世を風靡した方。コスト・パフォーマンスの良いブルゴーニュをリリースすることでロバート・パーカーに評価されましたっけ。そうそうタルデュ・ローランより少し前に世に出た方。今はもう息子さんが運営しているらしいです。
私は個人的にマルシャンはネゴス物ではなく、もともと所有するドメーヌ物が気に入っておりました。これはかつて仕入れた物の残骸(笑)。実は若干の液漏れがあり、棚から外していたものです。
何故こんなものを飲もうと思い立ったかと言うと、実は昨日松茸をいただきました。正確には『さまつ』と言い、松茸が生える前に生える松茸の一種。いわばプレ・松茸(笑)。調べたら『早松』と書くようです。香りはは松茸、もちろん味わいも松茸(笑)。
くださったFさん曰く「古いブルゴーニュで飲むしかない(笑)!」
そりゃ、そーだ。仰る通り!
これがことの次第でございます(笑)。
そうそう。話をワインに戻します。結論から言うとまだ早いくらいでした。期待していた枯れ葉のような妖艶さにはまだ達しておらず(笑)。開けるときコルクがまだ効いていましたから、『大丈夫』の直感。ただし開ける途中でコルクは破損(笑)。最終的にはボロボロ。でも中身は大丈夫でしたからセーフ(笑)。24年目ですから、こんなものかな(笑)。良く持ったほうです。色も大して抜けておらず、タンニンも思ったよりハリがある。ワインとしてはもう少し待った方が良かったかな?ジワジワと酸に甘さが出てきてうっとり(笑)。もう少し枯れていたら『さまつ』とはもっと良く合うんだろうなぁ。
明日また飲んでみますね(笑)。

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

Comments

No comments yet

Add comment

comment closed:
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。