前月   August 2020   翌月
Mo.Tu.We.Th.Fr.Sa.Su.
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Menu:

More info:

リンク:

ワインの桝久商店
関内のバー[タウザー]
横浜のバー時代屋
FULホスティング サービス
ホームページ制作

:
:



Written on 2020 08

特別価格でのスポット販売ークズマーノ

Aug 06, 2020 by weblogland |
今日からマスキューのカウンターの上にはイタリア・シチリアのクズマーノの白と赤が並びました(笑)!

null

白は皆様お馴染みのインソリア2018年。赤はちょっと高級なベヌアーラ2017年。
もちろん特別価格でのスポット販売ですから今月中の限定販売となる予定です!
ホームページではまだアップしていませんが、とりあえず皆様にお知らせです(笑)。

『知らないうちにこんな特売してたの!』

なんてお叱りを受ける前に取り急ぎお知らせ申し上げます!

キャップは楽々のヴィノ・ロック。再使用できますから、この際ヴィノ・ロックを集めるのも良いかも(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

ロングランのティスティング継続中のドンナルーチェ

Aug 05, 2020 by weblogland |
あー、参ったなぁ。

ロングランのティスティング継続中のドンナルーチェ2018年。在庫が無くなって来ましたので発注。すると、なっなんと!来たのが2019年!

null

がーん、ショック!

じつは2018年の生産量が少ないとは薄々知っておりました。でもですね、まだ2018年のティスティングが終わっていない(笑)。
しくしくしく(涙)。

しかも2019年も生産量は少ないはず。どうなっちゃうのかな(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

カウンターの上の特売品-ソーヴィニヨン・グリ 2018年 ドメーヌ・デュ・コロンビエ フランス ロワール

Aug 05, 2020 by weblogland |
そろそろカウンターの上の特売品

null

ソーヴィニヨン・グリ 2018年 ドメーヌ・デュ・コロンビエ フランス ロワール 白 V.D.P.デュ・ソーヴィニヨン・グリ 750ml 1568円税込み
無くなりそうですね。正確には実際販売は続きますが、特売価格での販売はこれで終わりとなります。一通りお客様には行き届いたかな(笑)。

そうなりますと問題は次!

次の特売品でございます。カウンターの上に特売品がないと叱られます(笑)。
もちろん抜かりはございません(笑)。近々並びますのでお楽しみにしてくださいね(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

我々にある真実は安くて美味しい方が良い!かな(笑)?

Aug 04, 2020 by weblogland |
派手な箱ですよね(笑)。

null

知らない人が見たら『一体何が入っているの?』なんて言われそう(笑)。
もちろん中身は
1+1=3 (ウ・メス・ウ・ファン・トレス)レゼルバ・ファミリア・ピノ・ノワール ブリュット・ロゼ スペイン ペネデス カヴァ発泡性 ロゼ  750m 2734円税込み
先月のエア・試飲会で大人気。(ちなみにこれは飲んでもらいました。)スペインでこんなピノ・ノワールのロゼ・カヴァが出来るなんて!皆さん驚かれたようです。14ヶ月の瓶熟成でこれほど素晴らしい泡立ちがしてることを含め、完全にブレークスルーしています。すぐに無くなってしまいましたので、再入荷までヤキモキしちゃいました(笑)。あー、良かった(笑)!

こうしてシャンパン神話は崩れてゆくような気がするほど。もちろんシャンパンの悪口を言う訳ではありませんから誤解なきよう。なんだかんだ言っても所詮人間が造ったモノですから永遠はない。移ろい変化するのが当たり前なんでしょうね。逆にそれが人間のイノヴェーションでもあるのかな。

我々にある真実は安くて美味しい方が良い!かな(笑)?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

キアレット、気が向いたら造る

Aug 04, 2020 by weblogland |
う~ん。
残念!
ロ・ゼルボーネのキアレットが完売してしまいました!

もちろん在庫が無くなりそうでしたので、インポーターさんに架電。
私「もしもし、いつもお世話になっております。キアレット 2018年 ロ・ゼルボーネ はまだありますか?」
インポーターさん「残念ながら在庫はございません。」
私「今後の予定は?」
インポーターさん「今キアレットは造っていないようです。キアレット自体たまにしか造らないようです。気が向いたら造る(笑)。」
私「そういえば前回も日本のファンのためにわざわざ造ったんでしたよね(笑)。またキアレット造るようにお願いしてくださいね(笑)。」
そんな訳で次回の入荷はゼルボーネが気が向いてキアレットを造ったら入荷するかもしれません。まあ、なんてアバウト。でもですね、ここで怒ったら負け(笑)。自然との成り行きくらいに思っていないといけません。変に相手に商売っ気を持たれるより、ゼルボーネの真摯なワイン造りを尊重することが大事かと(笑)。
相手を尊重し無理させないのも思いやりかな?

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ

『桔梗が原メルロー』を世に出した折の奮闘記

Aug 02, 2020 by weblogland |
ふふふ(笑)。
これ借りちゃいました(笑)!

『ウスケボーイズ』

null

メルシャンのワイン栽培・醸造の技術者 麻井麻介先生を中心にしたメンバーが『桔梗が原メルロー』を世に出した折の奮闘記。
貸してくださったのはリアル・ウスケボーイズ(笑)。もちろんご本人は映画には登場していないそうですが(笑)。酒屋であったことを感謝(笑)。


名著『比較ワイン文化考 教養としての酒学』を読んでから勝手に私淑しております。「ワインとはヨーロッパの人々にとって根源的な渇きを癒すもの」と喝破。目から鱗でした。イザヤ・ベンダサンの『日本人とユダヤ人』と並ぶ私バイブルでございます(笑)。

楽しみだなぁ(笑)!

ここを↓クリックして頂けると励みになります。ブログランキング参加中。ご協力お願いします。


人気ブログランキングへ